薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ始生代115 二年目の薪作りも大詰め

「電動の薪割り機、いいよー」 という、薪作りの知り合いの方からの悪魔のささやきをよく聞かされる(笑)。 節があっても、堅くなっても、ある程度のものなら電動の薪割り機でさくさく割れてしまうらしいのだ。いつかは必要になる日が来るのだろう。 さて僕は…

とうもろこし、とうもろこし

今日から2018年の後半戦がスタートだ。色々あった半年だが、たぶんあっという間に夏が終わって薪ストーブのシーズンになるのだろう(笑)。 さて、そんななか、ふと気づくと、とうもろこしがいい感じに育っていた。 もうそんな季節なんだなぁとしみじみ。 試し…

ジャガイモとニンニクの収穫

ジャガイモの種芋を植えたのが3月の後半だった。 「雨上がる。じゃがいも植える。猫草を収穫する。 - 薪ストーブクロニクル」 それから3ヶ月弱。 収穫にはやや早い気もしたが、虫の食害がひどかったので、先日、とりあえずジャガイモを少し掘ってみた。 す…

薪ストーブ始生代114 くぬぎの玉をおかわり!

ペルー代表の敗北にやや落ち込みながらも、不安だらけで観戦した日本代表の初戦は、大方の予想を覆して勝利をおさめた。いくつかのラッキーに恵まれたとはいえ、結果的に勝ちきったことは素晴らしいと思う。 前回大会で数的優位に立ちながらも勝ちきれなかっ…

ワールドカップ特別企画、くじけるなペルー

ワールドカップ。 まさかの初戦でのつまずきだ。 いや、日本代表の話ではなくて、ペルー代表の話だけど。 36年ぶり(つまり9大会ぶりか)に夢の大舞台に挑む南米ペルー代表。 しかし、ヨーロッパの中堅国デンマークにまさかの敗北を喫した。 かなり不利な状…

ワールドカップ特別企画!がんばれペルー

ワールドカップロシア大会が開幕した。 サッカーのネタについて、時々書いてきている。 「サッカーの話 カテゴリーの記事一覧 - 薪ストーブクロニクル」 日本代表のことは、ありとあらゆるメディアで書かれているので、この場では最低限の言及にとどめる。 …

薪ストーブ始生代113 コナラの玉を退治した

とある現場でコナラの倒木を処理する時に出た原木を貰えることになった。 で、40センチに玉切りしたものを家の駐車場の土場まで運び込んだ。40玉弱だ。 なかなか迫力がある。 まとまった数のコナラの原木を貰うのは人生初だったので、ちょっとテンションがあ…

梅仕事2018

今年も梅仕事の季節がやってきた。 梅干し用に小梅を一キロと、親戚から分けてもらった巨梅が二キロ強。 あとは自宅で初めて収穫した小梅が63g(笑)。 それぞれを梅干しや梅シロップに加工していく。 梅干し用の梅はザルの上で黄色く完熟するまで追熟させてい…

薪ストーブ始生代112 チェーンソーのバーを交換する

少し前の記事で、チェーンソーのバーが曲がっているという話を書いた。 「薪ストーブ始生代111 倒木処理の依頼が来た。そしてチェーンソーのバーの曲がりについて - 薪ストーブクロニクル」 僕が使っているチェーンソーは、シングウのSVK346という機種だ。こ…

春から夏へ~2018年の畑仕事が本格化してきた

今年の春野菜がほぼ終わり、そろそろ夏野菜へと移行する時期になってきた。 今の時期の作業がきちんとできていると、夏に多くの収穫が望めるのだが、なかなかうまくできない。 まあ、それでもずぼらなりに作業を進めているので、6月に入った今現在の畑の様…

薪ストーブ始生代111 倒木処理の依頼が来た。そしてチェーンソーのバーの曲がりについて

僕の暮らす村は、住民のほとんどが先祖代々の田畑や山を持っている。 で、その田畑や山の木を切ってほしいという依頼が時々僕のもとにもくる。 チェーンソーで薪作りをしているので、話を持ち掛けてくれる方がおられるのだ。 これは薪ストーブユーザーとして…

薪ストーブ始生代110 コナラの薪割り~コナラとくぬぎの違いについて

人生初の、コナラの薪割りがはじまった。 話によると、コナラはあまり長い間乾燥させると割りにくくなるらしい。まあ、針葉樹だって乾きすぎると割りにくいのは同じだが‥。 今回もらったコナラは倒木だったので、しばらく放置されており、やや乾燥がすすんで…

薪ストーブ始生代109 軽トラのデビュー戦・コナラの原木を入手する

毎日仕事が終わって家に帰ると夕方6時過ぎだ。まだ日は暮れず、外仕事が少しだけできる。 そんな今の季節がありがたい。 春野菜を収穫したり、夏野菜の世話をしたり、薪仕事もしている。 先日はエンドウ豆がたくさん採れた。 スナップえんどうやコリアンダ…

薪ストーブ始生代108 軽トラを入手する

原木を貰える機会があるたびに、軽自動車の小さい後部座席に無理矢理乗せていた。 まあ、こんな積み方では載る量もたかが知れている。 それに、最近とみに原木を貰える機会が増えてきた。 そんなことも重なって、というかかねてより薪運び用の軽トラがほしく…

春野菜の恩恵

苺は果物だろうか? 実はカテゴリー的には野菜に含まれる。 木に実るものは果物。 土にできるものは野菜。 一応そんな風にカテゴライズされるらしい。 その理屈でいけば、スイカは野菜で、アボカドは果物だ。 まあ、それはともかく・・・ うちの苺が少しずつ…

軽トラ三国志~薪ストーバーも注目?軽トラ覇権争い

三国志。 三國志とも書く。 古代中国を舞台に、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備が三つ巴で覇権を争った、という有名な物語だ。 物語、とはいってもそれぞれの登場人物は実在の人物であり、赤壁や合肥など、合戦の舞台となった場所も実在する。 ただ諸葛孔明が…

薪ストーブ始生代107 ネスターマーティンを端材だけで焚いてみる。そして、原生林について

ほんの数日だったが、急に寒い日が戻ってきた。 薪ストーブを焚かなくても過ごせなくはないが、ちょうど割っていた端材が少しあったので、夜の数時間、薪ストーブとともに過ごすことにした。 外気温はぐんぐん下がり、夜明けには一桁、しかも5℃を下回ってか…

原木椎茸栽培への道~ついに本伏せ

くぬぎの風倒木処理の際に、頃合いの太さの原木が出たので、原木椎茸栽培に挑戦した。 まず、1月末に菌打ちをした。 原木椎茸となめこを育てる~きのこの菌打ちをする - 薪ストーブクロニクル これは完全に時期を間違えた。 まだ厳冬期に入る前の12月か、も…

薪ストーブ始生代106 マーマレードと薪ストーブ

我が家では春の訪れを告げる行事として、マーマレード作りがある。 毎日食べるわけではないので、それほど大量には作らないが、それでも甘夏2キロ分、ジャムにして3キロ前後の甘夏マーマレードになる。 甘夏はマーマレードに関しては、無農薬栽培のものが…

薪ストーブ始生代105 崩れた薪棚を修復

ついこの間の記事で書いたばかりだが、春の嵐で薪が崩れた。単管パイプで作成した薪棚に積んでいたものだ。 派手に崩れたのだが、幸い屋根のある方に全部崩れたので雨ざらしになることはなかった。 しかし突風くらいで崩れていては、台風シーズンを乗り切れ…

春の恵みで身体のデトックス~ヤブカンゾウ、タケノコ、コシアブラ、こごみ、タラの芽

以前にもふきのとうの天ぷらでフィーバーした話を載せた。フキノトウ、それは道端になんぼでも生えている食べきれないほどのごちそう - 薪ストーブクロニクル しかししかし、春の野がもたらす恩恵はこれからが本番だ。残念ながら土筆は採りそこねたが、まだ…

薪ストーブ始生代104 薪棚倒壊。春の嵐にご用心

春の嵐か。 最近は、春にものすごい強風に見舞われることがおおい。 で、先日積み上げたばかりの単管パイプの薪棚の薪が倒壊してた。 原木をもらって、借りた軽トラで薪場まで運んだら、崩れていたのだ。 貰った原木はおもに榎やケヤキだ。どちらも乾燥して…

薪ストーブ始生代103 薪は足りたのか?

2017-2018シーズン。 はじめての薪ストーブシーズンだった。 右も左も分からず、とにかく2016年の秋から薪を集め始め、集めては切って割って切って割って、を繰り返した。 そして初めての薪ストーブシーズンインとなる2017年10月の段階で、そこそこの量の薪…

薪ストーブ始生代102 単管パイプの薪棚、登場!

自宅には薪棚1号機から薪棚3号機までの主力の薪を積む薪棚と、針葉樹を積んでいる薪棚ゼロ号機がある。 今日は、山の中にある、第2薪場の薪棚の話だ。 茶畑が並ぶ茶畑山の一角に、隣のおっちゃんが作った作業小屋が並んでいる。 そこに玉切りしたくぬぎや…

薪ストーブ始生代101 新しい現場(六本木ヒルズ)で細めの原木や枝を運ぶ。

長かった雨もあがり、気温は20℃くらいまでぐんぐん上がり、すっかり春が来た。 外での作業も汗ばむほどだ。 さて、そんな春の陽気の中、新しい現場だ。 田んぼに倒れた細いくぬぎや杉の木をばらして、持ち帰ってほしい、という依頼。 少し前にひとりでチェー…

四月の愚か者②

夜桜が美しい今日この頃。 四月の愚か者について、知っていることを話そう。 四月の愚か者は、そこに住む人たちに、考える暇がないくらいあれこれお金の悩みをもたらした。 四月の愚か者は、みんなにお金がないと暮らしていけない、という常識を植えつけた。…

薪ストーブ始生代100 そろそろシーズンが終わる。

去年の6月のこと。 薪ストーブが設置されたのが嬉しくて、寒くもないのに昼間から焚いていた。 ↑去年の6月の証拠写真。白猫のミケリアはまだ覚醒前。目やにもとれてなくてまだブチャイクだ。 その後、さすがに真夏は焚かなかったが、9月になると気温が20℃を…

雨上がる。じゃがいも植える。猫草を収穫する。

長雨がようやくあがり、金曜日あたりから青空が戻ってきた。 先週の週末に植えようと思って、種芋を切り分けていたじゃがいもだけど、雨が続く予報だったので見合せていたのだ。 で、一週間前に切り分けて、腐らないように断面に灰をつけておいたものを、満…

薪ストーブ始生代99 焚き付けがないぞ、どうしよう?そしてロードオブザリングについての短い考察

さて、寒波が帰ってきた。 いきなりこんなに寒さが戻ってくるんかい。 昨夜はうちの奥さんが仕事を終えて家に帰ったら、なんと室温11℃。 まさかのこの冬の(室温の)最低気温を記録しているじゃないか。真冬は毎晩焚いていたし、特に寒い日は朝でもガツンと…

薪ストーブ始生代98 ケヤキよ今夜もありがとう

日によっては薪ストーブを全く焚かない日も出てきた。 しかし、あっという間に寒の戻りで寒くなる夜もある。 シーズンはもう終わりが見えてきたが、まだまだ油断は禁物だ。 さて、そんな状況のなか、薪が残り少なくなってきている。 いや、前回の記事で今の…