薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ始生代38 茶畑山で薪仕事④~くぬぎの倒木を発見する!

茶畑山。 山頂に茶畑が広がっているので、勝手に命名した。 その中で、となりのおっちゃんが所有しているエリアは台風で通路が塞がれていたのだが、障害となるものは全て取り除いた。 今回はその茶畑山の核心部がどのようになっているかを、満を持して紹介す…

薪ストーブ始生代37 茶畑山で薪仕事③~山への通路を整備する

先日、茶畑山の核心部へと至る道の杉の倒木を撤去して、とりあえずの通路を確保した。 しかしながら、その道にはいまだ大量の杉や桧の枝が落ちている。 それらを全て取り除いて、車ですっきりアクセスできるようにしてしまうのが、今回の目標だ。 フィスカー…

薪ストーブ始生代36 茶畑山で薪仕事②~バームクーヘン杉を割る

先日のつづきだ。 木を切りに茶畑山に入っていったら、枝木が山への道を封鎖してしまっていたので、チェーンソー片手にそれを退治しに向かったところまでは書いた。 よくみると、通路を塞いでいたのは杉の木だった。台風で完全に横倒しになっている。 まずは…

薪ストーブ始生代35 茶畑山の薪仕事①~道が枝木で封鎖されてるぢゃないか

我が家のある、山の中腹の集落。 昔から代々そこで暮らす村人?のみなさんは、どこの家もだいたい自分の山を持っている。 うちの家はここからここまで、うちはこの部分、という感じで、山の中に線引きがなされていて、それぞれの土地を管理しているようだ。 …

玉を割ったら中からおかしなものが出てきた

使用済みの椎茸のほだ木をもらったので、適当に割って使うつもりで、しばらく置いておいた。 そうしたら、なんとまだ菌が生きていたみたいで、椎茸が発生してきた。 そんなこともあって、なかなか割れずに置くことになってしまった。 1ヶ月ほど放置していた…

薪ストーブ始生代34 原木を入手する~神社の薪③

神社の裏の森で倒木を貰うことになり、玉切りして、少しだけ持って帰ったところで陽が暮れた。 そして次の日。 奥さんと二人でせっせと家の駐車場まで運んできた。 これは、まだ名前のわからない常緑樹の広葉樹。 名前が知りたい。 どんな割り味か、ひとつだ…

薪ストーブ始生代33 原木を入手する~神社の薪②

昨日のつづきだ。 神社の裏の森で、台風で倒れた木を貰えることになり、チェーンソーを持って森の奥の広葉樹が倒れている場所で手頃な広葉樹を玉切りした。 そしてふと隣をみると、先程切っていた広葉樹よりずっと太い、おそらく直径が30㎝を超えるような、…

薪ストーブ始生代32 原木を入手する~神社の薪①

先月、大きな被害を出して通りすぎた台風21号。 我が家の近所にある神社にも大きなひがいをもたらした。 境内には、強風で折れた杉やひのきの枝や葉っぱが足の踏み場もないくらいに山積し、それを片付けるのをご近所のみなさんと一緒に手伝っていた。 そのと…

薪ストーブ始生代31 ネスターマーティンS33に入る薪の長さ

まだ薪ストーブを導入する前のこと。 いろんな機種を調べているときに、選ぶ基準として「ストーブに入る最大の薪の長さ」が重要だということが書いてあった。 自分で薪割りをするつもりなら、あまり長い薪が入らないストーブだと、玉切りの手間も薪割りの手…

薪ストーブ始生代30 柿の木の薪がカビた

9月。まだ真夏日を記録するような暑い日もあった。そんな時に依頼されて伐採した柿の木。 こんな風に伐採して↓ 薪ストーブ始生代⑧柿の木を伐採する - 薪ストーブクロニクル そのあとすぐに薪割りした↓ 薪ストーブ始生代⑨柿の木を割ってみる - 薪ストーブク…

コナン・ドイル『四つのサイン』を読んで~まさかあのシャーロック・ホームズが?~薪ストーブ的読書のすすめ①

寒く、そして陽も短くなってきた。 あの暑かった夏のように、夜7時まで外で活動をする、なんていうことはもはやできない相談だ。 雨降りのときも、外仕事なんて無理無理。 そんなときはスマートフォンの電源を落として読書をしよう。 ときどき、薪ストーブ…

薪ストーブ始生代29 薪の動線と折りたたみ式薪棚

「薪の動線がものすごく大事らしい」 という記事を、まだ導入前に薪ストーブのブログなどで実に頻繁にみかけた。 割った薪は、薪棚から薪ストーブの前まで運んで焚かないといけないので、当たり前といえば当たり前だ。 しかし、薪ストーブを実際に焚いてみる…

晩秋のミケリアとごっすん

秋が深まってきた。 五月に子猫の時に出会ったミケリアとごっすんもすっかり一丁前の猫になってきた。 とはいえ、まだまだ中身は子猫だ。かわいいったらありゃしない。 そんな白ねこのミケリアとさびねこのごっすんの秋のスナップショットだ。 まず、ストー…

薪ストーブ始生代28 薪ストーブクッキング~焼きリンゴを作る

台風による停電で電気が使えなかった夜。 寒さをしのいで灯りをとるために薪ストーブをつけていた。 停電は断続的で、ついたり消えたりしながら不安定な状態が続いていた。 暗闇のなかでは本も読めないので、薪ストーブクッキングをして遊ぶことにした。 作…

薪ストーブ始生代27 薪ストーブクッキング~ピザに初挑戦

念願の薪ストーブピザに初挑戦だ。 定番といえば定番だし、ベタといえばベタだが、「薪ストーブで焼くピザ」という響きには、なんともいえずそそるものがある。 今までの暮らしから考えると、非日常の薪ストーブで非日常のピザを焼く、という「非日常×非日常…

保存食を作る・新生姜の酢醤油漬け

新生姜の季節だ。 毎年作る保存食を紹介する。 「新生姜の酢醤油漬け」だ。 作り方はとても簡単。 まずは新生姜をサッと洗って、細かい千切りにする。 それを瓶に入れて、酢と醤油を1対1で混ぜた酢醤油を上からヒタヒタになるまで注ぐだけ。 上の画像では、…

さあ11月、木枯らし1号も吹いた、薪ストーブの季節だ

空騒ぎのハロウィンも終わり、11月になった。 木枯らし一号も吹いたらしい。 そういえば台風が過ぎたあとに、冷たくて強い風が吹き付けてきて、すわ、まだ台風の余波か、と思っていたのだが、思えばそれが木枯らしだった。 朝晩の気温が一気に10℃を下回るよ…

ハロウィンなのか、ハローウィンなのか、ハロウィーンなのか、はたまたハーロウィンなのか

今日はハロウィン。 かつてチェッカーズはこんな歌を歌っていた。 ファスナー半分で 逃げ出すなんて 時計の針はまだ play time pm9:00のシンデレラ 「ママが心配するわ」 まいるぜ blue hip カボチャの馬車はまだ消えないさ きゅうりのベッドも大丈夫 この実…

薪ストーブ始生代26 薪は足りるのか⑤~侮れない針葉樹の薪

しつこすぎる「薪は足りるのか?」シリーズもいよいよ最終回。 最後を飾るのは針葉樹薪だ。 例によって針葉樹についてはこちらの記事を参照のこと。 針葉樹薪には、お蕎麦屋さんでもらった杉と、近所のおっちゃんにもらった松がある。 ・杉について 薪ストー…

薪ストーブ始生代25 薪は足りるのか④~栗薪とけやき薪

シリーズ「薪は足りるのか?」 第四弾だ。 今回は栗薪とけやきの薪について。 例によって栗とけやきの木を入手した経緯については以下の記事を読んでくだされ。 ・栗について 薪ストーブ前史・総集編②「栗の薪割り」 - 薪ストーブクロニクル ・けやきについ…

薪ストーブ始生代24 薪は足りるのか③~喫茶店薪の実力

今年の薪は足りるのか? さらに続編。喫茶店薪編。 喫茶店薪とはこんな薪だ。 薪ストーブ前史・総集編③「喫茶店でもらった木材」 - 薪ストーブクロニクル おそらく楢の木であろう薪。1立米ほどあるはずだ。計算は合ってるのか。 横幅・高さ・奥行きがそれぞ…

薪ストーブ始生代23 薪は足りるのか②~桜の薪の棚

薪は足りるのか? 自分の薪棚と向き合って、現状を把握するという、シンプルきわまりない企画だ。 第二弾はそこそこまとまった量を割っておいた桜の木の薪についてだ。 まず、桜の薪について以下の記事を読んでいただけるとありがたい。 薪ストーブ前史⑭桜の…

薪ストーブ始生代22 薪は足りるのか①~短い広葉樹薪とどす黒い薪の棚

今年の薪は足りるのか。 薪ストーバーの永遠のテーマだ。 ここからしばらく、今薪棚に積まれている薪の量と質を検証し、どれくらい消費していくのかを予想しつつ、現状を把握したい。 果たして今シーズンの薪は足りるのだろうか。 まずはじめはこの薪棚を見…

台風後の停電、薪ストーブ、オフグリッド

24時間以上停電が続いている。 ちょっといままでになかったことだ。 灯りはロウソク、懐中電灯、そして薪ストーブだ。 電気が止まって改めて感じる、薪ストーブの偉大さ。炎があるだけで、「停電による暗さ」というわびしさは一切感じず、むしろこの暗さが炎…

薪ストーブ始生代21 松を燃やす

寒さがひたひたと身近に迫ってきているのを感じる。 10月半ばの今はまだ、焚く日と焚かない日があって、毎晩焚いてるわけではない。 寒さにしても、夜の外気温が10℃を切るということはなく、ストーブがなくても室内は20℃前後を保っている感じだ。 まあ、暖…

台風の被害と復旧

ものすごい台風だった。 今もつづく断水と停電。 携帯の電波アンテナが倒れたのか、電波が極端に弱くなっている。 畑に目をやるとキャベツとサニーレタスの苗が消滅し、白菜も朽ち、ブロッコリーは三度目の横転。 里芋もオクラも倒れた。 プラスチックの庭用…

冬野菜の栽培が本格化してきた

前回、葉物野菜を数種類と、大根、日野菜などを植えたことは書いた。 しかし、まだまだ冬野菜はこれから。 先日、色々と野菜を定植したので、今の畑の様子をレポートする。 まずはニンニクだ。 しばらく土のなかで沈黙を続けていたが、このほど地上に芽を出…

枝豆を枝からはずす。隠れていたのは超小型の・・・

今年は枝豆を栽培できなかった。 家庭菜園がプロの農家に肉薄できる数少ない品目のひとつ、枝豆。もうひとつはトウモロコシだ。 どういうことかというと、最も大事なのが鮮度だ、という野菜に関しては、収穫してすぐに食べられる家庭菜園にも分がある、とい…

薪ストーブ始生代⑳ 原木椎茸の成長~天板でバター焼き

薪にしたらどうか、ということでいただいた原木椎茸のほだ木。 玉切りせずにしばらく放置していたら、椎茸が発生してきてびっくりした、ということを以前に書いた。 薪ストーブ始生代⑲ 椎茸のほだ木(使用後)をもらった - 薪ストーブクロニクル そのまま数…

劇的なビフォーアフターpart2

劇的なビフォーアフター第2段だ。 劇的なビフォーアフター・草刈り編 - 薪ストーブクロニクル 前回が好評だったかどうかというと、同じ場所に見えない、よくわからない、といった意見も散見されたので、今回は分かりやすくしてみた。 といってもただ、草刈…