読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ前史24 極太乾燥玉を割りまくる

極太乾燥玉を運び込んだ。とはいえ、全部ではない。3往復ぐらいしたが、まだあと半分ぐらい残っている。うまく割っていけたら、いつか全部運び込むつもりだが、とりあえず割る。まず割る。

 

薪割台に玉をセットする。

f:id:akagestoves:20170320205602j:image

これは相当割りごたえがありそうだ。早速フィスカースを手に気持ちを整える

さてどうやって割ってやろうか。たまらなくワクワクする瞬間だ。しかしこの玉、よく見ると薪割台よりもデカイ。本当に割れるのだろうか。

f:id:akagestoves:20170320205803j:image

 

まずど真ん中に思い切りヘッドスピードを乗せて全力で叩き込んだ。


f:id:akagestoves:20170320205950j:image
難なく真っ二つ。あれ、余裕で割れるなぁ‥

 

そしてさらにもう一太刀。

f:id:akagestoves:20170320210105j:image

これはいける。

その後、短いこの薪の長さに合わせた太さになるまで根気よく割り続ける。

このひと玉でできた薪の量が以下の通り。

f:id:akagestoves:20170320210248j:image

分かりにくいかな?反対から見るとこんな感じ。

f:id:akagestoves:20170320210218j:image

かなり細かく割ったので、焚き付けはじめの小割りとして活用したいと思っている。どうなるかな?