薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪割り斧、最初の一本におすすめのフィスカースx25

はじめて薪割り斧を選ぶとき、色々調べた結果、3択になった記憶がある。

①グレンスフォッシュ(スウェーデン

②ヘルコ(ドイツ)

③フィスカース(フィンランド

ざっくり特徴を書くと、まず①②③の順に価格が下がる(笑)。グレンスが一番お高くて2万円前後、ヘルコは1万2千円前後、フィスカースが8千円前後だ。

そして斧のタイプは、①と③はヘッドスピードとコントロールで割るタイプ、②がエラの張った斧頭の形と重さでまっぷたつに叩き割るタイプだ。

まず第一印象。見た目だけで選んだら、絶対①だと思った。だって文句なしにカッコいいからね。でも、高いし、すぐには手が出なかった。

インターネットで調べていると、②の方が力のない自分には向いているんじゃないかなぁと思うようになった。だって力を入れずに振りおろすだけで「パッカーン」と割れて二つになった薪が10mぐらい吹っ飛んでいくって書いてあるからね。これならできそう、と思ったわけだ。

そんなわけで②のヘルコ・スプリッティングアックスにだいぶ気持ちが傾いていたところに新しい情報が朝一番で飛び込んできた。これは何度か書いている事だけど、木の柄の斧を薪割り初心者が使うと、ミスヒットして柄の部分を玉に当ててしまって手がビリビリしびれる事がよくあるらしい。そしてビリビリのミスヒットを何度も繰り返すと、結構簡単に柄にヒビが入ることもあるらしい(大丈夫なものも、もちろんある)。それと、吹っ飛んでいった薪が車に当たったり人に当たったり、結構危ないらしいので、妄想癖のある僕としては、変な想像をしてしまって怖かったというのもある。新車やベイビーに当たったらどうするんだetc.etc.

それなら斧使いに慣れるまで、丈夫なことで知られるグライスファイバー製の斧、フィスカースを使って薪割りを覚えよう、くらいの軽い気持ちで選んだ。去年の12月頃の事だ。

 

そしてフィスカースFISKARSのX25をチョイスして四ヶ月が経過した。冬の間に5立米ほどの木を薪割りしたので、その感想や注意点などをお伝えしたいと思う。

f:id:akagestoves:20170330115007j:image

 ↑直径40㎝クラスの玉もこの通り。

 

フィスカースにはメインの薪割り斧としてX25とX27の2つがラインナップされている。身長170㎝くらいならX25がよくて、180㎝を超えるような体力に自信のある人はX27をチョイスすると良い、と説明があった。が、実はこの2種類の斧の斧頭は同じ重さである。何が違うのかというと柄の長さだ。X25は70㎝、X27は90㎝となっている。この長さの違いは大きいらしく、両方使った方の感想では、X27は重すぎて疲れる、というものがいくつか見られた。この20㎝の違いで大きく変わるみたいだ。比べたことがないのでなんとも言えないが。

そんなわけで短いX25を選んで薪割りを始めたんだが、短い方でも始めはめっちゃ重く感じた。重くて狙ったところに当たらず、何度か足に当たりそうになった。正しい薪割りフォームを調べて、安全に振り下ろすようにしたが、それでもコントロールがつかず、真ん中に当てられなかった。そもそも、怖くて全力で振り下ろすことすらできないのだ。

もし試し割りでこの斧を試していたら、「こんなに重いのでは薪割りができないや」と早合点してもっと軽いものを選んでいたかもしれない。しかし、1ヶ月も振っていると重さには慣れる。少し重いな、と思ってもすぐにコントロールもついてきて、狙ったところに落とせるようになってくる。そして数ヶ月斧を振った感想としては、ミスヒットしても全然びくともしないし(5,6回ミスヒットした)、かなり硬い玉でも頑張れば割れるし、申し分のない斧だということが分かった。そして黒とオレンジのデザインにもだんだん愛着が沸いてくる。

f:id:akagestoves:20170330123814j:image
丈夫で割りやすいいい斧だ。しかも安い。最初の一本ならこのフィスカースX25が本当におすすすめだ。

薪割りに慣れてきた今、もう少しパワーがあるX27が欲しいなーと思ったりもする。乾燥が進みすぎた玉はかなり頑固で、X25では時間がかかることがあるからだ。

 

おすすめといえば、このフィスカースのおすすめポイントがもうひとつあって、それは研ぐのが楽だということ。専用のシャープナーは、誰でも簡単に研ぐことができて、しかも価格も驚くほど安い。安ければいいというものではないが、失敗なく簡単に研げるというのは初心者には嬉しい。

 

ちょうど季節は春。あなたもフィスカースX25で快適な薪割り生活をスタートさせませんか?

僕は、夏野菜の準備が始まっているので、薪割りに時間が割けないのがつらいところだけど・・・

 

※フィスカースの斧に関してはこちらものぞいてみてくだされ。

フィスカースの斧 - 薪ストーブクロニクル

FISKARS X25偏愛①やっぱりグレンスフォシュの方がいい? - 薪ストーブクロニクル

 FISKARS X25偏愛②フィスカースの斧頭と専用砥石について - 薪ストーブクロニクル

 FISKARS X25偏愛③お気に入りのX25とX7 - 薪ストーブクロニクル