読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

四月の愚か者

今日は四月の愚か者。

 

日本で、世界で、愚か者たちが踊り、はしゃぐ。

あるものは札束を握りしめて化学プラントを動かし、あるものはデスクトップをにらみながら悪態をつく。

あるものは未来へとかかる橋を焼き落とし、あるものは過去を都合よく書き換える。

 

愚か者たちがまたやってるぞ。

性懲りもなくやっている。

神様になった気でやっている。

原子力を操り、遺伝子を操り、人工知能を操る。

ドローンを操り、豪華客船を操り、学園を操る。

種子を操り、生殖を操り、宇宙の摂理を操る。

きっと操るつもりで操りそこねて、失敗するだろう。

それも嘘で固めて誤魔化すだろう。

 

正直者が携帯電話の爆発に巻き込まれて死ぬ。

その遺体は焼かれ、灰になり、田畑にまかれる。

苗が植えられ、稲が育ち、米が実る。

残り少なくなった農夫たちが収穫への感謝をささげるだろう。

その風景全てを大型重機がのっぺらぼうに塗りつぶす。

塗りつぶす。

塗りつぶす。

 

四月の愚か者たちが今日も世界のバランスを少しずつ、しかし着実に崩していく。

それはジェンガか、黒ひげか。

ドミノ倒しの会場に紛れ込んだ酔いどれソーリ。おっとあぶない、気をつけて。カードゲームとご一緒したまま地球儀を壊しちまうよ。

 

四月の愚か者たちの胃袋を充たすのは、正直者の農夫たちの米だ。

正直者の農夫たちを温めるのは、素朴な薪ストーブだ。

陽気な農夫たちは、世界が壊れゆく姿を見ながら、それでも今年も種を蒔くだろう。

それなら俺は薪でも割ろう。

世界が壊れゆく姿を見ながら、それなら俺は薪を割ろう。そして、ほんの少しずつ種を蒔こう。正直者の農夫を真似て。

 

今日は四月の愚か者。

今日は四月の愚か者。

今日は四月の愚か者。

 

そんなことをうそぶく

今日はエイプリルフール(四月の愚か者)。