読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

青ナスと万願寺がついに芽を出した

トマトから遅れること、一週間あまり。

ようやく青ナスと万願寺唐辛子の種芽を出した。

f:id:akagestoves:20170420161457j:image

青ナスと、

f:id:akagestoves:20170422090909j:image

万願寺の出たばかりの芽。

 

待ってたよー。

 

トマトは12日で芽を出した。

万願寺と青ナスは20日かかった。

正直なところ、同じ日に種まきをして、同じ環境に置いて、こんなに発芽時間に差があることに驚いた。

適正な発芽温度に差があるからなのだとは思う。それでも、トマトもナスも唐辛子も、だいたい同じ時期に実をつける夏の果菜(夏の実をつける野菜のこと)なのに、これだけ差があるのは、何事も実際にやってみないと分からないものだとつくづく思った。

 

さて、次は出揃ってきた芽の中から、大きくて真っ直ぐに生長しているものを選抜して、定植するまで育てるポットに移しかえる「ポット上げ」の作業が待っている。

それと平行して、キュウリやなんかの種まきも引き続きしていかないといけない‥‥。

 

種から育てる夏野菜、先はまだまだ長い。

というか、ほんまに食べられるんだろうか?