読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ前史37 ネスターマーティンの慣らし焚き

春真っ盛り。

日中の気温は軽く20℃を超えている。

はっきり言って暖房が必要な季節は終わってしまっている。

しかし、設置されたばかりの薪ストーブを前にして、秋まで待つというのはさすがに据え膳食わぬはなんとやら。

とりあえず慣らし焚きをしてみることにした。


f:id:akagestoves:20170509092200j:image

新聞紙を下に置いて、建築端材を細かくした焚き付けを積み重ねていって、着火!


f:id:akagestoves:20170509092302j:image

おおー、燃えた燃えた。

空気の調節など、少し慣れが必要だと思う。扉も少し開けておいて、空気をどんどん送り込まないと、焚き付けはしにくい。しかし、程なく、ほんのり表面が温まり始めた。

 

とりあえず新品の鋳物の薪ストーブなので、薪をあまり追加せずに、そのまま自然に鎮火させた。

なにしろ、全然寒くないのだ。これ以上部屋を温める必然性はない。

 

そんなわけで薪ストーブの本領を発揮する前に終了。

トーブはしっかり燃えたと思うけれど、心の中は不完全燃焼。

 

慣らし焚きでは、満足できない!

はやく寒くならないかなー。