読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

バジルの消滅

四月に種を蒔いて、2週間ほどで芽を出したスウィートバジル。

f:id:akagestoves:20170513171904j:image

真ん中にひとつだけピョコンと顔を出したのが、そのバジルの芽だ。

 

しかし、大根に大量に発生したアブラムシがその横のバジルのプランターに落ちてきたようで、気がついたらバジルの芽が消滅していた。
f:id:akagestoves:20170513172049j:image

ショック!なんということだ。

 

まだ種はたくさんあるので、更なる発芽を待ちつつ、畑に直撒きしたり、撒き直したり、とにかく次の手を考えなければ。

 

今年の夏は、大量に収穫したバジルをすり鉢ですりつぶして、香りの強いジェノベーゼを作りたいのだ。

すり鉢を使うことで、フードプロセッサーやミキサーでは出せないダイレクトな風味を引き出すことができるからだ。

 

がんばれ、スウィートバジル。