薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ原生代27 十二月、ボケ薪を焚き始めた

うちの新しい家族と薪棚。
f:id:akagestoves:20181203115750j:image

ひょんなことから、我が家に犬がやってくることになった。柴犬のはっちだ。

柴犬は運動が特に大切なので、いままで以上に早起きになった。

 

さて、まだ寒さが厳しくなる前なので、ちょっと前までは針葉樹を焚いていたが、最近ボケ薪を焚き始めた。

 

今焚いているボケ薪については以下の通りだ。

ボケ玉とボケ薪 - 薪ストーブクロニクル

 簡単に入手経緯などを説明しておくと、去年(2017年)の10月の台風でバタバタと倒れたクヌギの風倒木処理をしているとき、枯れかけてキノコなんかが生えはじめたクヌギも一緒に倒れたので、それを玉切って割っておいたものだ。

はっきり言って従来のクヌギよりスカスカで軽く、頼りない印象なのだが、はじめから枯れかけているだけあって乾燥は早かった。

去年の12月に割っているからもう、乾燥期間は何気に1年になる。しかし同じサイズに割ったボケていないクヌギはまだまだ含水率に不安があるが、このボケ薪はしっかり燃えてくれるのだ。

 

針葉樹はまだたくさん残っているが、シーズン終盤の焚き付け用に残しておくことにして、ボケ薪を室内な薪棚に積み上げた。
f:id:akagestoves:20181203115758j:image

 

ついでに、時間のある時に、各種焚き付けボックスを一杯にしておいた。
f:id:akagestoves:20181203115818j:image

 焚き付けボックスの種類は、

 

①杉の葉っぱ

②チビ端材と割りばし

③針葉樹の細割り

④ボケ薪の切れ端

⑤おおきめの端材

⑥薪割りで出た切れ端

 

の、六種類ある。

 まあ、はっきり言ってこんなに細かく焚き付け材を細分化する必要はないのだが、うちにあるネスターマーティンは焚き付け材を大量に消費するので、いつもたっぷりの焚き付けがないと不安なのだ。

 

さて、そのたっぷりの焚き付けでいい感じに巡航運転に達したストーブ。

そこにボケ薪をぶちこんでいく。

f:id:akagestoves:20181207220144j:image

しっかり乾いているので、すぐに薪に火が回る。
f:id:akagestoves:20181207220202j:image

ボケ薪で、充分に温かい。

 

こんな感じのボケ切った薪もぶちこむ。

f:id:akagestoves:20181207220250j:image
f:id:akagestoves:20181207220312j:image


部屋はポカポカ。猫も大満足の暖かさだ。

f:id:akagestoves:20181207220407j:image

ボケ薪のメリットは・・・

①乾きやすい。

②火が回りやすい。

 ③意外と温度が上がる

 

そしてデメリットは・・・

①まっすぐ割れない時がある

②ボロボロ破片がこぼれて、部屋がとにかく汚れる

③ボケてない薪にはかなわない

 

さて、貴方はこんなボケ薪を使いますか?

 

僕は即答でこう言うだろう。

 

「え?ボケ薪?貰います!」

薪ストーブ原生代26 コナラ病

コナラ病を発症している。

 

といっても、コナラが何かの病気になって腐ったり駄目になっているという訳ではない(笑)。

 

僕がコナラ病なのだ。

 

コナラ。

 

英語ではオーク。

 

そういえば、昔観たホビットという映画に出てくるドワーフの王に、トーリン・オーケンシールドというのがいたが、あのオーケンシールドの意味はオークのシールド、つまり「楢(なら)の盾」ということになる。
f:id:akagestoves:20181202214304j:image

↑トーリン・オーケンシールド氏

 

そんな名前(あだ名)に使われるくらいだから、楢は西洋ではものすごーく堅い木の代表なのだろう。

 

さてそんなコナラだが、もちろん西洋のオークとは若干種類が違うとは思うが、しかしオークはオークだ。

 

まさに映画ホビットで、人々が黄金に目が眩んで正気を失ってしまったように、僕もコナラの原木を見ると正気を失ってしまう。

 

個性的で凛々しい木肌、美しい木目の色、じつに薪らしい重さ、薪棚に積み上げたときのしっくり来る感じ。

コナラが薪の王さまと呼ばれる理由は、火持ちのよさとか、燠の具合とかそういうものではなくて、その薪らしさにあるんじゃないだろうか。

 

ある種のロマン派の薪ストーブユーザーを魅了して止まない、コナラ薪。

 

我が家の周辺にはクヌギや樫は見かけるのだが、コナラはほとんど見ない。人間、手に入らないものには執着しちまうものだ。Aクラスの薪の中で個人的になんとなくレアなコナラへの渇望感は日に日に高まっていた。

なにせ、いま手持ちのコナラ薪は以下のような1立米弱だけなのだから。
f:id:akagestoves:20181202215402j:image

 

ところが最近、潮目が変わったのか、コナラの原木を手にいれる機会が増えてきた。

 

どうも僕はコナラの原木を見ると目の色が変わるらしい。

他の原木のときとはまるで違うキレのある動きをみせ、抜群のチェーンソーワークでどんどんコナラを80㎝の原木に切り分けていく、そしてそれを急斜面だろうが、崖だろうが、ものともせずに一心不乱に自分の車まで運ぶらしいのだ。

一緒に薪集めをしている知り合いからは冷やかし半分でそんなことを言われている。

 

なんとも味わい深いコナラの木肌。
f:id:akagestoves:20181203120013j:image

そして玉切りの断面。
f:id:akagestoves:20181203120026j:image

右側がコナラの玉で、左は樫や椎だ。

 

まだまだ少しだけど、コナラが手元にあるというのはなんとなく満たされた気持ちになるものだ。

樫やクヌギなど能力的にはさらに上がいるようなのだが、薪棚を見ていてもっとも幸せに感じるのはコナラだ。もちろん個人の感想だが。

いやー完全にコナラ病だ(笑)。

 

そういえば最近薪ストーブブログ仲間のコメント欄での雑談で、薪を三国志の武将に例えるという、マニアックな話をしたのだが、

 

ウバメガシ・・・呂布(比重0.99)

クヌギ・・・関羽(比重0.85)

アラカシ・・・張飛(比重0.96)

コナラ・・・趙雲(比重0.76)

 

ということになった(笑)。

これは三国志をご存じの方なら伝わると思うけど、思いのほかそれっぽい例えになった。

 

調子に乗ってさらに少し続けるなら、

 

シラカシ・・・黄忠(比重0.83)

アベマキ・・・許褚(比重0.98)

 アカカシ・・・馬超(比重0.87)

 

ということになる。

 

それならクリが魏延で、ラワン材が兀突骨か(笑)。 

 

・・・・・

 

 えーとなんの話だったかというと、コナラ病だ。

コナラは趙雲

 

おお、三国志で一番好きな武将じゃないか!

どうりでコナラ病になるはずだ。

 

さ、くだらないこと考えてないで、さっさとコナラの薪割りをしよう。

薪ストーブ原生代25 帰ってきた玉切りの馬1号、そして薪割り

12月だ。

 

毎年ならとっくに近所の山が初冠雪しているのに、今年はさっぱりだ。

 

薪ストーブ生活で(そして犬を飼いだしたので)早起きが定着した。あんなに夜型人間だったのに。

そして、冬の早起きは、夜明けを楽しむことができる。
f:id:akagestoves:20181202190428j:image

毎日違う夜の明け方。

本当に素晴らしい。

 

ビバ、冬の早起き!

 

さて、本題に入ろう。

細めの枝や長い原木が貯まってきた。

そろそろ玉切りして整理したいと思っていた。

しかし、玉切りの馬1号は夏に無惨にも壊れてしまって、今は使えない。

その詳しい内容は以下の記事を見てほしい。

薪ストーブ始生代117 さようなら玉切り馬1号 - 薪ストーブクロニクル

 

さてそんな玉切りの馬だが、修理できるんじゃないかと思ったわけだ。
f:id:akagestoves:20181202064927j:image

見ての通り、何度も切り落とされる寸前までダメージを受けた馬ちゃん。
f:id:akagestoves:20181202064939j:image

もしかしたら、簡単に直るかも、とまあそんなことを考えてインパクトドライバーと細長い板を何枚か持って、薪置き場として借りている茶畑山に上がった。

 

 といっても切断してしまった部分に板を張って補強し、足元も少し補強しただけだ。
f:id:akagestoves:20181202070450j:image

パッと見はあまり変化なし。
f:id:akagestoves:20181202070503j:image

反対側から見ると、じじむさい(笑)。

 

しかし、これでまた思う存分玉切りができる。
f:id:akagestoves:20181202070513j:image

玉切りの馬1号、完全復活だ。

まあ、軽量が自慢だった玉切りの馬だが、かなり板を張ったので、従来より重量が70%ぐらいアップしてしまった。強度は20%~30%アップ、というところだ(当社比)。

 

さて、せっかく玉切りの馬が復活したのに、それをあまり使わず、薪割りに勤しんだ。
f:id:akagestoves:20181202070532j:image

 画像の上辺りに、見慣れないチェーンソーが写っているのだが、それについてはまた後日、詳しく報告する。

その際、薪作りだけなら、軽量のトップハンドルソーでもいいんじゃないか、という持論を展開する予定だ。

薪ストーブ原生代24 ネスターマーティンに極太針葉樹のすすめ

寒い。

でも、さほど寒くない。

 

まだまだガツンと本格的な冬が来ていないのだ。

 

室温は15℃を切ることも多くなってきたが、まだ外気温は5~10℃をいったりきたり。

 

さほど、寒くない。

でも、薪ストーブをつけなければ、やっぱり寒い。

 

そんな、ほんのり寒い今の季節に、くぬぎやナラなどのAクラスの薪はオーバースペックだ。

火もちの良さが仇となって、室温が上がりすぎる。

 

かといって端材を焚くのも、薪をくべる間隔が狭くなりすぎて、ずっとだとややつらい。

 

そんなとき、我が愛機、ネスターマーティンではこんな焚き方をしている。

f:id:akagestoves:20181118215638j:image

端材で火を起こし、細めの針葉樹で火力を上げたら、極太の針葉樹の薪をボン、と放り込んで焚くのだ。

 

極太のサイズはこんな感じ。
f:id:akagestoves:20181118215712j:image

単純に炉内に入りさえすれば、どれだけ大きくてもいい。

放り込んでしばらくすると、火力は、巡航運転の温度帯のちょうど真ん中辺り、天板温度にして200℃から220℃の間で安定する。

温度が下がって燻ることも、上がりすぎて暴走することもない。

ただし、本気の暖かさではないので、真冬にはちょっと物足りないのかもしれない。

 

割りと長い時間、ぼちぼち燃えてくれる。
f:id:akagestoves:20181118215720j:image

注意するのはひとつだけ、ちゃんと乾燥しているものを使う、ということだけだ。

針葉樹は乾燥が早いので、乾燥させる場所がいいと大割りでも半年くらいでしっかり焚ける薪になる。

 

なにより、細かく割らないので薪割りが楽だ。とっても楽だ。

画像にも写っているような節だらけの杉などは、大きめの適当なサイズでよいのだ。

 

本格的なシーズンが始まるまでの1~2ヶ月。こんな感じの手抜き薪でゆるーく楽しんでいる。

 

もちろんこれはネスターマーティンでの話なので、他の機種の場合は、炉に入りさえすれOKなのかどうか、きちんと確認してほしい。

 

 

薪ストーブ原生代23 樫の木との格闘~Round-3~

日曜日の早朝。

 

朝日が昇る頃。

 

久しぶりに樫の倒木の現場に行ってみた。

f:id:akagestoves:20181118125107j:image

 

最初、こんな状態だったが、

f:id:akagestoves:20181118125250j:image

枝を払ってこうなって、
f:id:akagestoves:20181118125330j:image

 幹を落としてこうなって、

f:id:akagestoves:20181118125430j:image
太い所を片付けてこうなって、
f:id:akagestoves:20181118125413j:image
というところまでが、前回までの作業の振り返りだ。

 

ここから、今日は主に鹿よけの柵にかかってしまった太めの枝を無力化させておきたい。

↓こいつらだ。
f:id:akagestoves:20181118125610j:image

 

足元が鉄柵で不安定な上に、細かい枝も多くて、本当はトップハンドルとかの、小型のチェーンソーの方がいいのだが、あいにくまだ所有していないので、14インチのバーで挑む。

 

大したことなさそうな枝だけど、直径10㎝くらいはあるので、手強い。

しかも柵の向こう側は田んぼなので、湿地になっている。お足元が悪すぎる。

切り落とした枝を、道の方に放っていく。
f:id:akagestoves:20181118125957j:image

一時間半ほどの格闘の末、かなり無力化できた。
f:id:akagestoves:20181118130228j:image

 チェーンは三回外れたし、かなり危ない現場だったので心配したが、無事だった(汗)。


f:id:akagestoves:20181118130845j:image

柵に乗り上げている枝はほとんどない。

 

しかし、重いチェーンソーをこんな現場で振り回すのは怖い。やはり小型のチェーンソーもあった方がいいぞ。

奥さんにお願いしてみよう。

 

今日は一番根本の部分もさらに2玉ほどいただいていく。それらの獲物をトラックに積むとこうなった。
f:id:akagestoves:20181118130420j:image

さすが、一番玉だけあって不自然なくらいデカイ(笑)。

 

現場は作業前がこれで、
f:id:akagestoves:20181118130754j:image

作業後がこうなった。
f:id:akagestoves:20181118130821j:image

まだいくらか細い枝は残っているので、いつか取りに来よう。

 

次は樫の木の薪割りと薪棚づくりだ。

薪ストーブ原生代22 薪棚の整理をしよう

 干し柿がいい感じに仕上がってきた。

f:id:akagestoves:20181118114218j:image

 

そんな11月のある日。

 

仕事がお昼で終わったので、午後からふと思い立って薪棚の整理と薪の移動をすることにした。

 f:id:akagestoves:20181107203226j:image

 

最近、樫の倒木の処理で土場が狭くなってきているのを感じていた。

そして、貰ってくる原木のグレードを見分ける目が少し肥えてきた。

樫、コナラ、くぬぎ、ケヤキなどAクラスの薪

栗、桜、その他様々な雑木はBクラス

そして杉、ヒノキなどCクラスの針葉樹

また、原木の状態によっても、ボケてたり虫に浸食されていたり、未乾燥だったり。

 

そして、家の回りにある薪棚を見回す。

あれ、Bクラス、Cクラスの薪ばっかりがメインの薪棚を占めてるじゃないか。

 

薪を集めはじめて、よく分からないまま手当たり次第割って、増設した薪棚に考えもせずに放り込んでいたのがその原因だ。

 

これが整理前の薪棚1号機と2号機。
f:id:akagestoves:20181115222327j:image

左側の2号機はまだいい。

先日、前面の棚を占めていた針葉樹薪を退かせて、新たにそこそこいい雑木の薪を積み上げたからだ。

その時のことは以下の記事にまとめてある。

薪ストーブ原生代⑬ 薪棚2号機の進化論 - 薪ストーブクロニクル

 

しかし、右側の1号機は結構ひどい。

拡大するとこんな感じ。
f:id:akagestoves:20181118113226j:image

前はボケたくぬぎの薪がメイン。くぬぎといってもボケているので、カスカスだ。かなりがっかりな状態。まずはこれを薪ストーブに近い場所に移動させておいた。

そしてその後ろに、くぬぎの腕薪。結構大量にある。割っていないくぬぎの腕薪なんか、あと四、五年は乾燥しないぞ。

そしてその下に杉の太割り。

これは逆にいつでも焚けるはずだ。

いちばんアクセスしにくい後列の一番下に、もっとも乾燥が早い針葉樹の薪を置いてしまうという、この情けなさ。経験不足を痛感している。

他にも、色んな樹種の太割りとか、カビた薪とか、懐かしい薪たちが色々出てきた(笑)。

別の場所に置こうと思ったが、ここの棚はもう目一杯だ。

f:id:akagestoves:20181115222352j:image

 

今シーズン焚く分だけは、家回りの空いた場所に置くことにして、残りは少し離れた茶畑山の第2薪場に持っていくことにした。

f:id:akagestoves:20181115222412j:image

ここはスペースはたっぷりある。
f:id:akagestoves:20181115222425j:image

どんどん積んで。
f:id:akagestoves:20181115222437j:image

崩れないように井桁積みをしっかりやり直した。これでどうだ。

 

で、お家に帰ると、薪棚1号機がきれいになりましたとさ。
f:id:akagestoves:20181115222449j:image

ちゃんちゃん。

 

まあ、薪棚が空になったということは、そこに入れる薪があるということだ。

薪割りがまた忙しくなるということだ。

仕事も忙しいので、本当に薪割りができるのだろうか。

 

薪ストーブ原生代21 江戸時代の桧

某小学校の前にある由緒ある神社に樹齢200年は超えているであろう桧(ひのき)の古木がある。

なんと、その桧が少しずつ傾いているらしい。すぐに倒れることはないけれど、傾いている方の枝を伐採して、重心を反対側に向けようという作業が行われていた。

 

そして、その伐採した枝を少し貰えることになったので、家に持って帰った。

 

貰ってきた枝が左の玉、樹齢25年ほどの普通の杉の幹が右の玉だ。
f:id:akagestoves:20181107203031j:image

さすが江戸時代から生き抜いてきた桧。枝だけでも、そこらへんの植樹された杉の幹よりも断然太い(笑)。

 

上から見てみよう。
f:id:akagestoves:20181107203048j:image

同じ針葉樹のはずだが、年輪のできかたが全く違う。

拡大しなくても数えられそうな右の杉と比べて、左の桧は、拡大しても細かすぎて年輪が把握できない。

 

みっちり混んだ年輪。さぞかし割りにくいだろうと思ったら、あっさり半割りにできた。
f:id:akagestoves:20181107203107j:image

なんか怪しいオーラを放っているようにも思える。


f:id:akagestoves:20181107203120j:image

こんな神木、焚いていいのだろうか?

神社の神事なんかでは焚くらしいが。

そのときが来たら、お祈りしてから焚くとしよう。