薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ始生代62 朝の焚き付けと薪ストーブの灰の利用法

ある12月の朝。

六時くらい。

ストーブのドアを開けると燠がこんな感じで残っていた。
f:id:akagestoves:20171212065527j:image
寝る前に特に満杯の薪を詰め込まなくても、大きめの薪をひとつ放り込んで、火が全体に回るのを見届けてから、空気をしぼって目盛りを2より少し1寄りに、つまり1.8ぐらいにして寝たら、これくらいの燠が翌朝まで残る。

 

そうしたら、焚き付け材を矢倉に組んで、空気を送ればすぐに炎をあげて燃え出す。
f:id:akagestoves:20171212065544j:image

燠が残っていれば、巡航運転まで40分くらいで一気に温度を上げることも可能だ。

朝のは冷え込みが厳しくなってきたので、スピードも大事だと痛感する。

 

さて、今朝は天気がよかったので、たまった灰を畑に蒔きにいくことにした。
f:id:akagestoves:20171212065404j:image

灰と一緒に、精米したときに出た糠も畑にまく。
f:id:akagestoves:20171212072859j:image

適当に、春に夏野菜を定植する畑にバラバラ。
f:id:akagestoves:20171212072944j:image

苺の畑にもバラバラ。

f:id:akagestoves:20171212072917j:image

台風で全滅して蒔き直したので、まだ小さい葉物野菜のところにもバラバラ。


f:id:akagestoves:20171212073005j:image

あとは一度耕して、休ませている畑にもたっぷりまいた。

 

薪ストーブを燃やして出る灰は、ほぼ完全な木灰なので、安心してまける。

灰は酸性土壌をアルカリ性の方向に中和し、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富なので、たっぷりまけばいいそうだ。

カリウムと言えば、チッ素、リンと並んで、畑の三大栄養素のひとつじゃないか!

鶏ふんや油粕などはチッ素が多いので、灰を適度にまいて、畑の栄養をバランスよくした方がよさそうだ。

 

うーむ、灰。あなどれん。

 

さらに、雪が降ったら、灰を雪にまいておくと、溶けるのが早くなっていいそうだ。春にはワラビのアク抜きにも使えるし、素晴らしいじゃないか。

 

うーむ、灰。本当にあなどれん。

 

灰を畑にまくのに、ベストな量を見極めつつ、素敵な副産物として有効活用したい。

薪ストーブ始生代61 第二薪場に集まるくぬぎの玉

このところ休みの度に、茶畑山でせっせと倒木を片付けている。

山をきれいにしているのだが、もちろん主たる目的は木を集めることだ。

その場でどんどん玉切りして、せっせと軽トラに運んで薪場に運び込んでいる。

茶畑山の近くにある第二薪場にかなりたくさんくぬぎが集まってきた。
f:id:akagestoves:20171212071340j:image

とにかく積んで並べておく。

これは相当太い玉だ。

直径30㎝を超えるものもざらにある。
f:id:akagestoves:20171212071410j:image

茶畑山での片付けが一段落したら、今度はひたすら薪割りをする予定なのだが、これだけ大きいと、割りごたえ抜群だ。

 

こっちは少し小さめの玉。

f:id:akagestoves:20171212071431j:image

そのまま割らずに燃やせそうな細いものもちらほら。

 

そしてこっちは通称「ぼけ玉」を集めたもの。

f:id:akagestoves:20171212071446j:image

立ち枯れしたり、倒れてから日数が経っていたりしている木は、外側から徐々にふかふかしたものに変わっていく。焚いても大した火力にはならず、すぐ燃え尽きる。

こういうものを「ぼけ薪」と呼んでいる。

大歓迎とは言えないが、とりあえず薪にはできるので贅沢は言えない。

また、この「ぼけ玉」「ぼけ薪」については後日詳しく書いてみたいと思う。

 

そしてこちらは、自宅の駐車場に置いた玉。

f:id:akagestoves:20171212071500j:image
冬の間、雪などで第二薪場に行けないときもあるので、普段からパカパカ割れるように自宅にも玉を並べておいた。
こちらにも少しだけ「ぼけ玉」がある。左側の十玉ほどがそれだ。

まあ、おいおい割っていこう。

 

とまあ、倒木退治をして運んだ玉はいまのところ、こんな感じだ。

最終的にどれくらい集まるのかも楽しみだ。

茶畑山での作業もあと一息。

ラストスパートを頑張りたい。

薪ストーブ始生代60 井桁に積むのも慣れてきた

神社の裏の森で貰ってきた倒木(ヤブニッケイや椎の木)、そして茶畑山から少しだけ持ってきたくぬぎ。

 

いつもチェーンソーばかり使うのも疲れるので、たまには気分転換に斧に持ちかえてパカパカとそれらを割っている。
f:id:akagestoves:20171208195222j:image

下に横木を並べて、その上に適当に井桁に積んでいく。

完全に気分次第だ。

 

井桁に積むのは少し頭を使うが、結構楽しい。そして昔と比べると、少し慣れてきた気がする。

 

生まれてはじめて薪を井桁に積んだのは、家に生えていた樹齢30年の栗の木を割ったときだ。

そのときはこんな感じの積み方になっていた。
f:id:akagestoves:20171208195724j:image

震度2くらいの地震でも来れば、今にも崩れ落ちそうだ。

 

というか、言われなければ井桁に積んでいるかどうかも分からないかもしれない(笑)。

適当に積み上げているだけのような・・。

 

あのころ、栗だけでなく、大量の針葉樹の玉にむかって、あたふたしながら、フィスカースの斧を危なっかしく振り下ろしていた。

それが2016年の冬の事だ。

 

あれから一年。

 

色んな事があった。

生活も人生も激変した。

 

結婚をし、親の死も経験し、10年暮らした部屋から引っ越し、おまけに働き方まで大きく変わった。

 

しかし、薪ストーブへの想いは変わらない。

 

あのときと同じ気持ちで、薪を割ったり運んだりしている。

 

ただ、少し慣れてきたので、端整な積み方ができるようになったり、狙ったところに斧を振り下ろせるようになった。

それだけの話だ。

 

もちろんまだまだ、ひよっこ中のひよっこだ。

経験も技術も、足りないことだらけだ。もちろん、薪だってまだまだ足りない(笑)。

 

それでも薪ストーブには、随分助けられた。そんな気がする。

 

ありがとう、薪ストーブ。

 

これからも、末長くよろしく。

薪ストーブ始生代59 薪棚の定点観測②~1週間後

最初に持ってきた薪、約0.3立米は12月7日の朝に焚いたら全てなくなった。

およそ、6日プラスアルファ、というところだ。

f:id:akagestoves:20171207193953j:image

外の薪棚も室内の薪棚もこの通りきれいさっぱり空になった。

 

早速、薪棚に薪を補充する。

 f:id:akagestoves:20171207194014j:image

すると、薪場の喫茶店薪はこんな風になった。
f:id:akagestoves:20171207194137j:image

最初の減り方と比べてみると、
f:id:akagestoves:20171207194208j:image

まだこの頃は窓の下部分が薪で隠れていたのに、12月7日時点で持ち出したら、全て露出した、ということだ。

いやはや、やはり本格的に寒くなってくると、薪はすごいスピードでなくなっていきますな(笑)。

 ちなみに一番初期状態はこれ。
f:id:akagestoves:20171208194736j:image

あらためて、薪の消費量の多さに焦りを感じてくる。来年用の薪集め、本気を出さないと。

 

室内の薪棚に薪を満タンに補充して、焚き付けも補充して、いつでも安心して焚ける状態にして仕事に向かった。
f:id:akagestoves:20171207194438j:image

寒さはさらに厳しくなってくる。

朝の気温が氷点下に迫ろうとしている。

この喫茶店で、どこまで持ちこたえられるか。

また、後日報告します。

薪ストーブ始生代58 第二薪場

新たな薪場を借りることになった。

 二つ目の薪場なので通称「第二薪場」。

茶畑山で切り出したくぬぎの多くはこちらに運び込んでいくことにした。

f:id:akagestoves:20171205165837j:image

 

今までは、主に畑の脇を薪場として使っていた。
f:id:akagestoves:20171205163854j:image

これが第一薪場だ。

薪割りや玉切りも始めはここでしていたのだが、今ではほとんどが畑になり、猫も闊歩している(笑)。

ちなみにこの猫、うちの白猫のミケリア・・ではなくて、ミケリアのお父さんだ。

 

第二薪場は茶畑山の近くにある。軽トラですぐのところだ。

f:id:akagestoves:20171208194250j:image

こんな風に軽トラに切った玉を積み込んでどんどん運び込んでしまおう、ということだ。

この場所も茶畑山を所有しているおっちゃんのご好意で使わせてもらえることになった。

ふらっとやってきて、誰にも邪魔されずに思う存分薪割りができる環境なのだ。

まさに薪ストーブユーザーの夢の島とでも言える場所だ。

 

まだまだ木の量は少ないが、今後、茶畑山で切り出した倒木をどんどん運び込んで、ゆくゆくは仮設の薪棚も作って薪を置かせてもらうつもりだ。

薪ストーブ始生代57 傾いたくぬぎの撤去~チェーンソーよ、生きて戻れ!

あまりに莫大なくぬぎの倒木の量に、ちっとも終わりが見えてこない茶畑山での作業。

台風が来たのは10月23日だから、すでに50日以上が経過しているが、なかなか作業も進まず、まだ、ゴールはさっぱり見えない。

それはリアルに嬉しい悲鳴だと言うべきだろう。

薪となる原木はうなるほどあるし、それに山でのチェーンソー作業のいろはを学ぶことができる、本当に貴重な機会だ。

 

山の所有者のおっちゃんは林業のプロではないが、長年山でのいろんな作業をしてきているので、色んな事を教えてもらえる。

 

さて、今日は傾いたまま、隣の木に引っ掛かって倒れきらなかったくぬぎの撤去作業についてだ。
f:id:akagestoves:20171207191640j:image


まずは根本を切り落とす。

傾いている木を切る場合、普通に考えれば下向きに重さがかかっているはずなので、上から切っていくとある地点で切り口の断面にチェーンソーが挟まれてしまうだろう。

だからある程度上の方に切り込みを入れた後、最後は下から思いきって切り上げて切断しようと思ったのだが・・・。

上からと下からの切断面がずれてて、見事に挟まってしまった。

楔を叩き込んでもびくともしないので、もう一台、マキタのチェーンソーを借りてきて無理矢理切ってチェーンソーを救出した。

f:id:akagestoves:20171205164718j:image

救出ついでに、上の画像のようにとりあえず根本から切り落とすことができた。

 

しかし、今度は切断面が土の上に乗っかって、また傾いたままの状態が継続された。

f:id:akagestoves:20171207192337j:image

仕方がないので、さらにこのままどんどん切っていって、最終的に完全に倒れるまで続けることになった。

そしてまたやらかした(汗)。

f:id:akagestoves:20171207192400j:image

力学的複雑さが理解できず、またしても木に挟まれるシングウのチェーンソー。

 

少し離れて撮影するとなんだかシュールな絵だ。

f:id:akagestoves:20171207193137j:image

近づくとこんな感じ。

f:id:akagestoves:20171207193153j:image

 

泣きながら、あの手この手でまた救出作戦を敢行した。

 

挟まれてしまう原因は二つあるようだ。

 

一つはさっきも書いたように、最後に下から切り上げるとき、切断面が合っていなくて切り落とせず、挟まるところまで止められない、という点。

もうひとつは、思い切りが足りず、挟まれないかビクビクしながら切っているので、勢いが足りずに挟まれている、という点。

 

まあ、こればっかりは経験値を上げていくしかない。頭で理解したつもりでも、実際に木が倒れていく迫力を見てしまうと、「これは当たったら死ぬな」という恐怖心も芽生えるし、それに実際の現場では想像よりもずっと状況が複雑に入りくんでいる。

腰が引けながらも、安全を最優先させなければいけないので、臆病を責めるのもお門違いだ。

 

さて、そんなこんなで、何度も切っては斜めに落ちていって、というのを繰り返して、ようやく引っ掛かっていた上の方の枝が外れて、完全に寝た状態まで持っていくことができた。
f:id:akagestoves:20171207193346j:image


f:id:akagestoves:20171207193404j:image

いい感じに切って、とりあえず転がしておこう。

この一本だけでも相当の薪が作れる。

まだ朽ちていないくぬぎなので、中身はカチカチのパンパンだ。

持ってみると、半端ではない重さがある。

 

うーむ。

なんとも言い様のない達成感が身体を駆け巡るぜ(笑)。

薪ストーブ始生代56 薪ストーブでパンを焼く

何回も焼いた薪ストーブピザは、いつもとても美味しくて、また食べたいなぁという気持ちになるのだが、パンは焼いたことがなかった。

 

とある深夜、いつものように薪ストーブピザを作ったあとでピザ生地とトマトソースが残ったので、奥さんがトマトソースとベーコンを巻き込んだパンをおもむろに焼き始めた。
f:id:akagestoves:20171205162602j:image

炉内はすでに燠だけになっており、ピザ用の台の上にパンを置いて焼いたら、下の方がやや焦げ始めたので、生焼けかもしれないけど、とりあえず取り出して次の日まで置いておいた(らしい。というのも、僕はお酒の飲みすぎで早々に寝てしまって、この辺りのくだりは知らないからだ(笑))


さて、次の日、生焼けかもしれないと不安に思いながら切ってみると、中までしっかり火が通っている。


パッと見は美味しそうだ。
f:id:akagestoves:20171207115737j:image
で、実際の味はどうだったかというと、普段焼いているホームベーカリーのパンとは比べ物にならないくらい美味しかった。

薪火で焼いたパンは、ここまで美味しくなるのか、とかなり驚いた。

 

さらにその次の日も残りを食べたのだが、いつまで経ってもパンの美味しさは変わらなかった。

焼き立てではないパンにここまで感動することはなかなかないと思う。

いろんなバリエーションのパンを焼いてみたい。