読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

夏野菜の定植②獣害対策(ライト)

獣害。

ここ最近、林業の衰退とともに野山が荒れて鹿や猪などの獣たちの食料が減り、人間が暮らす里山へも獣たちが出てくるようになった。

結果として、農作物が被害に遭うことが多くなり、美しかった里山はあっという間に獣害対策の柵で覆われてしまった。

それでもその柵を掻い潜って、獣たちは食べ物を探しに畑に侵入してくるようになっている。

解決の見通しはたたず、全く簡単ではない問題として農家の人々の前に立ちふさがっている。

 

我が家の場合、まだそこまで獣害は深刻ではないものの、対策に追われているのは事実だ。

なにかというと、獣害は獣害でも、猫害である。

鹿や猪などのヘビーな獣害と比べると、随分ライトな獣害と言える。

しかし、畑を起こせば、必ず猫ちゃんたちにトイレとして使用されるので、植えたばかりの野菜の苗が消滅すること数限りない。

 

さてどうしよう。

 

と思っていたら、奥さんが草を刈って、苗の回りに置き始めた。どうも草マルチという作戦らしい。

「マルチ」とは、野菜が顔を出している場所以外の土をビニールなどで覆って草を生えにくくしたり、保温したりするものだが、それを除草した草の二次利用で代用しようということだ。

f:id:akagestoves:20170517182425j:image
草でマルチするとこんな感じになる。

もはやどれが野菜の苗が全く分からない。完全に「ウォーリーを探せ」状態になっている。

しかし、これなら猫ちゃんたちも、快適にトイレができないから他を当たってくれるかもしれない。

 

よし、負けじとこっちも草マルチだ。

ちょうど育ちすぎたボーボーのパクチーがあったので、それを間引いてパクチーマルチにしてみた。
f:id:akagestoves:20170517182656j:image

いかにもトイレには不快な感じではないか(笑)。

 

後日談:

ちなみにこの草マルチは

 

サラダ菜やリーフレタスの畑は、苗があまりにも小さくてこの草マルチ作戦が使えなかったので、緑のポールを刺しまくって、侵入できないようにしてみた。
f:id:akagestoves:20170517182812j:image

 

次に見に行ったとき苗たちが、無事でいますように。

夏野菜の定植①第一陣を植える

引っ越しをしながら、夏野菜の定植も行なった。ちょこちょこと除草をして、土を起こして、それっぽく畝を立てたが、いかんせん、土作りが中途半端なので、どれくらいうまく育つかは未知数だ。

しかも、当分はここに住まずに週末だけ通うので、雨が降らなかった場合は土がカラカラになってしまうリスクもある。

 

まあ、今年はこんな感じだが仕方ない。

とりあえず待ったなしの野菜の苗たちを引っ越しの車で運んできたので、植え始めた。

 

まずは大玉トマトのマーマンドなど、トマト三種。
f:id:akagestoves:20170518160756j:image

 穴を空けて、その穴にたっぷり水を注いでから定植していく。

f:id:akagestoves:20170517181101j:image

ちょっと分かりにくいけど、一応仮の支柱も立てた。
f:id:akagestoves:20170517181146j:image

 

次にリーフレタスとサラダ菜を植える。
f:id:akagestoves:20170517181258j:image

むやみやたらと緑のポールを刺しているのには深いわけがある。詳しく後日・・。

 

そしてキュウリ、万願寺、青なす。

 

とりあえず大急ぎで定植完了。

雨が降らなくてもいいように、たっぷり水をやった。

さよなら、種取り用大根

アブラムシの大群に襲われて瀕死になっていた大根。

大根を襲うアブラムシの大群 - 薪ストーブクロニクル

これは食べるためではなくて、種を採って次のシーズンに蒔けたらいいなぁ、と思って置いておいたものだ。

 

しかしもはや復活する様子がないので、泣く泣く引き抜いてみた。

f:id:akagestoves:20170518131327j:image

一応小振りな大根ができていた。

とはいえ、もう菜の花が咲いているバリバリのとうだち大根なので、美味しいはずはない。


f:id:akagestoves:20170518131623j:image

 とても残念なお姿に・・おいたわしや(涙)。

 

引っ越しも迫っているのでプランターも片付けることにした。

自作のアップライトピアノプランター
f:id:akagestoves:20170518131954j:image
こうやってみると、アップライトピアノというより、オルガンかな。

 

まあ、とにかく大根の種取り作戦は完全な惨敗だ。

来年また挑戦する。

 

さて、ここまでベランダで苗を育てたりリンゴの木を育てたりしてきたが、ベランダ菜園はおしまい。

ここから舞台を完全に引っ越し先の田舎の畑に移る。

薪ストーブ前史38 クッキングトップでお湯を沸かす

5月にしては暑すぎる、とある週末。

外の気温は7月上旬並み。地域によっては30℃を超えていた所もあったみたい。

 

引っ越し作業の合間、ちょっとコーヒーが飲みたくなった。

お湯を沸かす方法は以下の3つ。

 

①野外ストーブで沸かす。

②というかそもそもガスコンロが使える。

③にもかかわらず薪ストーブを焚く。

 

普通の人は②だ。せいぜい①。

③を選ぶなんて、尋常ではないくらい効率が悪く、無駄な作業だ。

部屋を温めるついでにお湯も沸かす、というなら話も分かるが、7月並みの陽気の昼間に、ただお湯を沸かすためだけに薪ストーブを焚くなんて、ちょっと度を越していると自分でも分かる。

 

しかし、焚いてみた。

ネスターマーティンのB-topのクッキングトップの実力を試してみたかったのだ。

f:id:akagestoves:20170509091957j:image

というわけで焚き付けスタート。

外が暑すぎて、全く温度差が生まれず、むしろ部屋の中より外の方が暑いので、煙突に対流が起きない。

全然上昇気流が起きないので、さっぱり燃えていかない。

f:id:akagestoves:20170509092008j:image

焚き付け材を大量に使って、意地で焚き付けに成功。

 

トーブが温まり始めると、割りと早くやかんがシュッシュシュッシュ沸きだした。

コーヒーが淹れて、やかんを保温用の天板に移す。

 

しばらくしておかわりが飲みたくなったので、またやかんをクッキングトップに戻すと、その瞬間にまた、シュッシュシュッシュと沸き始めた。

おお、これはすごい。噂以上に使い勝手がいいぞ、ネスターマーティンB-top。

 

とはいえ、こんな暑い日に薪ストーブを焚くなんて、こんなアホなことをするのは、ビギナーズハイになっている今年だけだろう。

苗も引っ越し

公団住宅から田舎へ、少し時間をかけて引っ越しをしている。

それは、今ベランダですくすくと育っている苗たちも引っ越さなくてはいけない、ということを意味する。

 

早速、成長がはやくて待ったなしの苗を選抜し、第一陣として、田舎で畝を立てた畑に送り込むことになった。
f:id:akagestoves:20170514083646j:image

 これが選抜された夏野菜の苗たち。

トマト三種。

キュウリ、万願寺、リーフレタスとサラダ菜。

そして青なす。

 

これらを車に積み込む。
f:id:akagestoves:20170514083702j:image

 後部座席に、ちょうどいいスペースができた。

f:id:akagestoves:20170514083759j:image

畑のある新居まで、片道一時間。

無事運べたかと思ったが、横に置いておいた時計が滑って、苗の上に直撃していた(汗)。

あまりのショックに写真を撮り忘れたが、一応苗たちは無事だったようだ。

 

早速、定植してあげることにしよう。

引っ越し、始まる

長い間暮らした公団住宅を出て、ついに畑と薪ストーブのある田舎へ引っ越すことになった。

f:id:akagestoves:20170513232859j:image

ここまで、薪ストーブを設置する田舎で薪を割ったり、

薪ストーブ前史 カテゴリーの記事一覧 - 薪ストーブクロニクル

狭いベランダで苗を育てたり、

畑のある暮らし・シーズン1春夏編 カテゴリーの記事一覧 - 薪ストーブクロニクル

あっちこっちを舞台に、町なのか田舎なのかよく分からない書き方をしていたので、ひょっとすると読んでいて混乱されていた方もいたかもしれない。

こいつは、いったいどこに住んでいるんだ?と。

 

要するに、自分の暮らしている1DKの公団住宅で苗を育てながら田舎暮らしを夢見ていたのだが、実家のある田舎で、薪ストーブを設置した家を建て直すことになったので、自分が焚くわけでもないのに、俄然やる気になって薪を割っていたわけだ。

 

そして、いつかはその田舎に引っ越して薪ストーブ暮らしをしたいな、という淡い希望を持ちつつ、blogを書いてきたのだが・・

 

人生とは何があるか分からないものだ。

何故か自分がその薪ストーブのある家に住むことになったのだ。

急転直下した状況を冷静に振り返ることもできないまま、慌ただしく引っ越しが始まった。

 

もうしばらく、2ヶ所掛け持ちで暮らすことになるが、このブログも、一気に自給的暮らしに近づくことになった。

 

ブログ開設2か月目に書いた記事で「いつか週給4日給料60%の生活にシフトして、お金を使わずに楽しく暮らす方向へ舵を切りたい」というような事を書いていた。

 薪割りとともに2ヶ月 - 薪ストーブクロニクル

それが、実現する。

フルタイムで働くのが週に2日。半日勤務が週に2日。これでだいたい、週休4日だ。

 

賃金労働だけに自分の時間を使わずに、さらにはお金をあまり使わずに生きられるという、「第3の道」とも呼べる暮らし方を実践してみたい。

 

こんなこと、世間の常識ではちょっとあり得ないかもしれない。

一体どうなることやら。

 

さあ、引っ越しだ

バジルの消滅

四月に種を蒔いて、2週間ほどで芽を出したスウィートバジル。

f:id:akagestoves:20170513171904j:image

真ん中にひとつだけピョコンと顔を出したのが、そのバジルの芽だ。

 

しかし、大根に大量に発生したアブラムシがその横のバジルのプランターに落ちてきたようで、気がついたらバジルの芽が消滅していた。
f:id:akagestoves:20170513172049j:image

ショック!なんということだ。

 

まだ種はたくさんあるので、更なる発芽を待ちつつ、畑に直撒きしたり、撒き直したり、とにかく次の手を考えなければ。

 

今年の夏は、大量に収穫したバジルをすり鉢ですりつぶして、香りの強いジェノベーゼを作りたいのだ。

すり鉢を使うことで、フードプロセッサーやミキサーでは出せないダイレクトな風味を引き出すことができるからだ。

 

がんばれ、スウィートバジル。