薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ始生代⑪さあ、初焚き!後編「ストーブトップで遊ぶ」

肌寒い9月のある日、高鳴る胸を抱えて初焚きをした。
f:id:akagestoves:20170919192757j:image

火がつくと、猫たちもなんやなんや、と集まってきた。

 

さて、この日の晩ごはんは雑炊を予定していた。

早速ストーブトップで遊んでみよう!


f:id:akagestoves:20170920115351j:image

まずは、基本のお湯沸かし。

いくつかヤカンを乗せて、最初は真ん中のクッキングトップでグラグラ沸かす。

だいたい15分から20分ほどでグラグラ沸騰する。

加湿も兼ねて、そのまま置いておいてもいいのだが、次のヤカンを置いて、沸騰したヤカンは普通の天板に移動させる。ここでもお湯は勢いを小さくしてコトコト沸いている。

 

次に雑炊作りを始める。

ストーブが巡航運転に入ると、普通の天板も結構熱くなる。

雑炊用にご飯と出汁と野菜を土鍋に入れて温めると、すぐに熱が伝わり、グラグラし始める。

あれ、このまま放置すると焦げるかも・・・。

というわけで、トリベットを土鍋の下に敷いて、温度を調整する。
f:id:akagestoves:20170920115659j:image

これで、理想通りの超弱火の出来上がりだ。

 


f:id:akagestoves:20170920115935j:image

ストーブクッキング、楽しすぎる。

 

夕方6時くらいの焚き始めは21℃だった室温は、一時間くらいで22℃になり、その後23℃、25℃と上がり続け、寝る頃には26℃くらいのポカポカの室温になっていた。本格的な寒さはまだだが、薪ストーブの実力のほどを思い知った形だ。

 

惜しむらくは、この日の寒さが、その後は続かず、しばらく夜でも25℃くらいの暑い日が続いたので、2回目を焚く事ができていない。

まあ、まだ9月だし、嫌でも冬は寒くなるのだから、もう少し待つことにしよう。

薪ストーブ始生代⑩ さあ、初焚き!前編「ミケリア、危ない」

先日、ちょっと寒い日があって、9月だというのに今シーズンの初焚きを行った。

つまりファーストシーズンの始まりというわけだ。
f:id:akagestoves:20170919190904j:image

気温は室温で21℃。

冬から比べれば全然寒くはない。

しかし、それまで夜中でも25℃以上あったことを考えると、肌寒く感じた。

奥さんからも今日はゴーサインが出た。

 

というわけで、焚き付けだ。

焚きはじめると早速白猫のミケリアが、覗きにきた。
f:id:akagestoves:20170919191215j:image

f:id:akagestoves:20170919191230j:image

f:id:akagestoves:20170919191240j:image

こらこら、近寄ったら危ないぞ!

まだ焚き付け始めなので、ガラスも薪ストーブもほとんど熱くない。それをいいことにここまで接近する始末だ。

 

早い段階で、薪ストーブが危ないものだということを覚えさせないと、自慢の白い毛並みが茶色く焦げることになる。

 

焚いているのはネスターマーティンのS33という機種だ。焚き付け始めてから巡航運転になるまで一時間くらいかかる。

温まるのに時間がかかるので、焚き始めはこうして猫が触って大丈夫だ。逆にそれが心配だが。

他のメーカーの機種では、焚き付けが楽ですぐに温まるものもあるようなので、その点は羨ましい。たぶんうまく焚けば、30分くらいで巡航運転に入るのだという。

例えば、鋼鉄製のストーブなどはすぐに温度が上がるだろう。その分冷めやすい。

これはどちらがいいとか悪いとかいう問題ではなく、ライフスタイルや好みの問題だ。

時間があるときは、じっくり温度を上げるのも、素敵な時間の使い方だ。

 

サビ猫のごっすんも、薪置き場から興味津々で見ている。
f:id:akagestoves:20170919192520j:image

なんちゅうクリクリの目だ。

うーむ、かわいいのぉ。

 

長くなりそうなので続きはまた明日。

劇的なビフォーアフター・草刈り編

劇的なビフォーアフターを紹介する。

 

先日手伝いに行った、とある一軒家の草刈り。夏の間、除草をしていなかったのと、前の住民の人があまり庭のお手入れに熱心じゃなかったらしく、けっこうな荒れ模様であった。

半日、気合いをいれて除草して、壁についた蔦を取り払うと、すっきりきれいになった。

以下は、そのビフォーアフターだ。

 

まずは玄関方面の壁に向けて撮ったもの。

ビフォー①
f:id:akagestoves:20170919065458j:image

アフター①
f:id:akagestoves:20170919070015j:image

次に駐車場出口に向けて撮ったもの。

ビフォー②
f:id:akagestoves:20170919065428j:image

アフター②
f:id:akagestoves:20170919065425j:image


やや撮影角度が違うが、ほぼ同じ場所を同じ日に撮ったものだ。

すっきりした、というレベルではなく、もはや本当にビフォーアフターなのか、疑わしいレベルだ。痩せ薬の宣伝なら、モデルが入れ替わっているんじゃないかと疑うくらいのあからさまな変わりっぷりだ。

 

さて、秋の雲が外に広がるようになってきた。

f:id:akagestoves:20170919070421j:image

 おっとこの写真じゃなかった(汗)。

うろこ雲が秋晴れの空に浮かんでいる。

f:id:akagestoves:20170919070433j:image

さあ、寒くなる。早く薪ストーブを焚きたいぞ。

 

最初のシーズンは一度だけ

初めての薪ストーブシーズンに突入して、俗に言うビギナーズハイの状態になっている。

 

これは、おそらく薪ストーブを焚いている人には、よくわかる感覚だろう。

そして、こんな風にも思う。きっとこのワクワクする気持ちは、最初の年ならではのものなのかもしれないな、と。

もちろん、それは薪ストーブがつまらなくなる、とか、飽きる、とかそういうことではないと思う。

 

どちらかというと、今が特別と言うか、やや異常なテンション、というか。

何か新しい事がはじまる時のワクワク感というのは、別に薪ストーブに限らず、特別なものなのだろう。

これに似た感覚は、初めての海外旅行となった3週間のラオス旅行(もう15年以上前だ)の時に感じたように思う。

不安と期待が入り交じった、複雑で、異様なテンション。旅行が始まってしまうと、割合落ち着いて楽しむことが出来たが、出発までの妙な高揚感は、やはりあの一度だけだった。もちろん、その後も旅行に行く前は期待と不安が入り交じったし、ワクワクもする。

それでも、初めての時の、あの感覚はない。

 

たぶんそれでいいのだと思われる。

今はとにかく、このビギナーズハイになってしまっている、ちょっと変な自分を楽しむことにしよう。

 

今朝も、また冷え込みが少し厳しくなった。ギアが1段あがった気がする。寒くなるのが待ち遠しいなんて、以前の自分だったら、笑ってしまうが、今は大真面目にこの肌寒さを喜んでいる。

 

薪ストーブの季節はすぐそこだ。

薪ストーブ始生代⑨柿の木を割ってみる

先日伐採して玉切りした柿の木。

f:id:akagestoves:20170919064749j:image

 

それを家に運び、しばらくは手をつけられなかったのだが、ぼちぼち割り始めた。

 

なにせ、とんとご無沙汰だった生木の広葉樹だ。割るのが楽しみでしかたがない。

 まずはこいつから。

f:id:akagestoves:20170919190245j:image

 

柿の木は、というか果樹全般がそうなのかもしれないが、繊維が入りくんでいて割りにくいらしい。さてどうか。


f:id:akagestoves:20170919190342j:image

はい、割れたー

水分たっぷりだ。やや抵抗があるが、きれいに割れた。

 

f:id:akagestoves:20170919190415j:image

割れた断面が白くて美しい。これが生木の魅力だと思う。


f:id:akagestoves:20170919190525j:image

断面を愛でながら、ゆるゆるりと薪を割る。

 

柿の木のクセのある繊維を感じる木もあった。

こんなのや、

f:id:akagestoves:20170919190617j:image

こんなのだ。
f:id:akagestoves:20170919190634j:image

 

確かに、乾燥が進むと、この手の絡み付いた繊維は、がっちりと結合してとても割りにくくなりそうだ。

柿の木、噂通りの木だった。

ただ、すぐに割るなら、普通に割れたので問題ないと思う。この辺はケヤキと同じだと思う。

薪ストーブ始生代⑧柿の木を伐採する

柿の木が駐車場で邪魔になっているので伐ってほしい、という依頼を受け、二つ返事で飛んでいった。

駐車場の端、壁沿いに立つ柿の木は、確かに隣家を圧迫し始めるまでに生長していた。

f:id:akagestoves:20170915204929j:image

まず、脚立に登って上の方の枝を枝切り鋏でカットしていく。


f:id:akagestoves:20170915205034j:image

そしてチェーンソーを持って、いざ、人生初の立ち木の伐採へ。

 

まず倒す方に受け口を切って、その後ろから追い口を切って倒していく。

と、文字にするとなんともあっさり、簡単な事のようだが、危ないわ、暑いわ、思い通りにいかないわ、で、難渋しまくった。

 

最終的には、平和に伐り倒すことが出来たが、少し倒れる角度が違っていたら、カーポートに置いてあった車に直撃するところだった。

かなりヒヤヒヤしたものだ。

f:id:akagestoves:20170915205834j:image

ついでに、車に積みやすいようにささっと玉切りしておく。

f:id:akagestoves:20170915205907j:image


f:id:akagestoves:20170915205942j:image

 

 車に積んでいただいて帰った。

f:id:akagestoves:20170915210015j:image

 柿の木、一本分でこれくらいの分量。

 

あとで調べてわかったのだが、建物のそばに立っていて邪魔な木などは、プロでも思い通りに倒すのが難しいとこの事。

薪欲しさに素人が絶対に手を出してはいけない木だ、と書いてあった(汗)。

 

無知とは恐ろしい・・・。

様々なかかし~徳島の案山子の里やリアル案山子に見る田園風景の変遷~

案山子(かかし)と言えば、田んぼや畑で、主にカラスから作物を守るために昔から作られてきたものだ、という認識がある。

 

いわゆる案山子の定番のイメージはこんな感じだ。
f:id:akagestoves:20170815065436j:image

おそらく、昔からこんな感じのデザインで田畑に飛来するカラスを脅かしていたのだろう。まあ、頭の良いカラスのことだから、しばらくしたら、こいつは動かないから危なくないぞ、とか認識したんだろうけど。

今日に至るまで作り続けられているということは、やはり一定の効果があるということだろう。

 

しかし、最近の田園風景を眺めてみると、案山子の様子が以前と違うことに気付かされる。なんだか案山子のクオリティーが妙に高くて、我々人間が見ても、本物の人が畑にいるように見える作品をよく見かけるのだ。

 

例えば、先日見かけたこの案山子。

f:id:akagestoves:20170802172157j:image

近づいたからこそ、身体がやけに薄っぺらくておかしいと分かったのだが、遠目に見ると「あの人はこんな所で何故にたたずんでいるか?」と疑問に思うほどだった。

 

もはやウケ狙いなのか、というような案山子もある。例えば、ネット上で見つけたこんな画像。
f:id:akagestoves:20170815070100j:image

リアルすぎるJK案山子の横には、斬殺されたのか、晒し首がずらりと並ぶ(笑)。

これは、カラスに対しての警告なのだろうか、近づくと首を落とすぞ、という・・

 

ちょっと趣向が変わるが・・

案山子を観光資源にしている徳島県祖谷渓谷。四国を車で旅行した際、「案山子の里」という場所があることを、現地にいってから知り、これは面白そうだと寄ってみると、その名に負けない案山子の大群に遭遇した。

車でその村を通りすぎる間、見かけた村人が全員案山子なのだ。
f:id:akagestoves:20170815070611j:image

服装品が妙にリアルだと思ったら、実際の村人がお亡くなりになる度に、その方の服や装飾品をその人に似せた案山子にまとわせて、村に案山子を少しずつ増やしていったということだ。

リアルに見えるのではなく、ある意味で動かないけれど本物の村人なのだ。

世の中には色んな場所がある。

我々が訪ねたときは、全く知らなかったが、この案山子の里は結構有名みたいで、外国からもわざわざこんなに交通の便の悪い場所にやってくるらしい。

ここに込められた意味を知ると、おいそれとは笑えない。案山子にも色々あるものだ。

 

最後に案山子に関する映画をひとつ紹介する。

1973年のアメリカ映画『スケアクロウ』だ。

案山子は英語でスケアクロウ。案山子がテーマの映画というわけではないが、というか、話の筋の中で案山子は主要なテーマにはなっていないが、もちろん案山子は登場する。心にしみじみ残る良い映画だ。あらすじはというと・・

服役していて出所したばかりの荒っぽくて不器用なマックスと、船乗りで故郷に5年も帰っていない陽気なライオン。マックスはピッツバーグで洗車屋を、ライオンはデトロイトでまだ会ったことのない子供に会いに帰るところだった。正反対の性格の二人が意気投合し、それぞれの想いを胸に目的の場所まで一緒に旅をするロードムービーだ。

陽気なライオン役でアルパチーノが出ている。深夜に民放で時々やっている映画としては、過去に観た中で最も印象に残っているような気がする。

映画の中で案山子がどんな風に登場するのかは、ぜひ観て確認してほしい。