薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

サッカー・ペルー代表のW杯プレーオフ

今日は薪ストーブ一切関係ないです。かの国の国技、フットボールについてのダラダラと長い記事です。

サッカーに興味のない方はすっ飛ばしてください。

 

以前、サッカーネタでこんな記事を書いていた。

サッカー・W杯出場国について - 薪ストーブクロニクル

 

そしてここ最近、プレーオフのホーム&アウェイ方式の試合が世界各地で行われた。全ての出場国が決定したのだ。

 

その中で、世間の注目を最も集めていたのは、間違いなく欧州プレーオフのイタリア対スウェーデンの一戦だろう。

なんと言ってもイタリアはワールドカップの優勝経験国だ。セリエAの腐敗がらみの弱体化が影響して、イタリア代表も国際舞台でパッとしないが、さすがに抜群の人気と注目度だ。そのイタリアと、これまたワールドカップ常連国のスウェーデンが対戦するのである。スウェーデンにはあのズラタン・イブラヒモビッチがエースとして君臨している。まあ注目されて当然の、プレーオフ屈指の好カードと言える。

しかしヨーロッパ予選なら個人的には、プレーオフにまでしぶとく食らいついた北アイルランドにぜひ頑張ってほしい。

ベルファストという街ひとつと、その周辺の田舎の村で構成されていると言っても過言ではない北アイルランド。実際、国ではなく地域としての参加なので当たり前だが、イギリス連邦の中の一地域である「北アイルランド地方」だけで構成されたチームがワールドカップに出ようとしているのだ。

日本で言えば例えば「九州選抜」や「北海道選抜」がワールドカップに出るようなものだ。いかに凄い事か、少しは分かってもらえるだろうか。

最近まで、ベルファストではあまりに血なまぐさい紛争が続いていた。その紛争もようやく終わり、いまでは平和な街になっている。

実際に北アイルランドはあちこち旅行したことがあって、ベルファストの街はフィッシュ&チップスがやたらおいしかったことをよく覚えている。

ブッシュミルズというアイリッシュウイスキーの代表的ブランドの蒸留所(1608年創業!)やジャイアンツコーズウェーという世界遺産の奇岩地帯も有名だ。

f:id:akagestoves:20171110065546j:image

自然に出来た40000本の6角形の柱が海岸を埋め尽くしている、ジャイアンツコーズウェー。巨人が作ったのでは、という神話からその名がついたようだ。

日本からのアクセスはなかなか大変だが、マニアックな所に旅に出たくなったら、北アイルランドはとてもおすすめできる。

 

えーと、何の話だったかな?

 

そうそう、サッカーのプレーオフの話だ。

 

世界中で行われたプレーオフ、その一番最後を飾ったのが、以前から注目している、ペルー対ニュージーランドの一戦だ。

ニュージーランドには全く悪いイメージはないが、ペルー代表を勝手に猛プッシュしているので、頑張ってほしいと思っている。その理由は以前にも書いた。

 

さてその結果は・・・

 

まず、世間を騒がしたヨーロッパ予選の結果は、すでに方々で喧伝されているのでいまさら書くまでもないかもしれないが、スウェーデンが見事にイタリアを撃破。

W杯四度の優勝を誇るサッカー大国が60年ぶりの予選落ちとなった。

また、北アイルランドは、健闘むなしく、堅守のスイスに負けてしまった。かなり残念だ。

 

そして、肝心のペルー代表だが、ニュージーランドのホームで行われたファーストレグがスコアレスドロー、つい先日ペルーのホームで行われたセカンドレグで、ペルーが2ゴールをあげて見事勝利。2戦合計でペルーのW杯出場が決まった。

ペルーが、全32ヵ国の出場チームの中で最後に突破を決めた国となった。

 

さて、これですべてのチームが出揃った。

アジアからはプレーオフに回っていたオーストラリアも見事ホンジュラスに勝利して、出場を決めた。

終わってみれば常連国が名を連ねた順当な最終予選だったとも言える。

 

しかし、ヨーロッパは荒れに荒れた感じだ。

イタリア、オランダ、チェコなど、強豪国が次々と敗退し、アイスランドが初出場を決めている。

しかし、ヨーロッパで応援しているのは、なんといってもポーランドだ。大好きな作曲家ショパンの母国でもあり、訪れた印象もとてもよかったポーランド。ぜひ、グループリーグを突破してほしい。まあ、エースストライカーのレバンドフスキは、半端じゃなくエグい選手なので、うまくいけば得点王になるかもしれない。

 

アフリカでは、カメルーンコートジボワールなどのブラックアフリカの常連国が敗退して、北アフリカの躍進が目立った。

なにせ、エジプト、チュニジア、モロッコ、と三か国も北アフリカムスリムの国が出場するのだ。

北アフリカは日本とは意外と相性がいいので、同じグループになってほしい気もする。

 

 ちなみに日本と同じグループになってほしい勝手な希望は、ベルギー、スイス、チュニジアと同組、というものだ。

だからと言ってグループリーグを突破できる保証はないが。

 

組合せ抽選は12月1日。

我らが日本、そして個人的に応援している国々(ペルー、ポーランド)の命運や、いかに!?

薪ストーブ始生代38 茶畑山で薪仕事④~くぬぎの倒木を発見する!

茶畑山。

山頂に茶畑が広がっているので、勝手に命名した。

その中で、となりのおっちゃんが所有しているエリアは台風で通路が塞がれていたのだが、障害となるものは全て取り除いた。

 

今回はその茶畑山の核心部がどのようになっているかを、満を持して紹介する。

 

山に足を踏み入れた瞬間、いきなりこんな光景が目に飛び込んできた。

くぬぎと思われるかなり大きな広葉樹が何本も横倒しになっている。
f:id:akagestoves:20171109184354j:image

いきなりこれだ。

このくぬぎを伐って持ち帰るだけで、相当の薪が、しかもとびきり上等なくぬぎ薪がたくさん作れるだろう。

 

しかし、これほど立派なくぬぎをここまでへし折るとは、台風の威力は本当に恐ろしい。

 

原木が貰えてラッキー、などとはしゃいでいる場合ではなかったかもしれないのだ。

自然の脅威を身近に感じて、改めてこの自然そのものに畏怖の念を抱く。

さらに奥に進むと、土ごと根こそぎ斜めに倒れている脅威を木がいくつも目にはいる。

f:id:akagestoves:20171109184409j:image

 

これも完全に倒れている。
f:id:akagestoves:20171109184425j:image

複雑に絡み合って訳がわからないことになっている。
f:id:akagestoves:20171109184452j:image

とまあ、茶畑山の様子はこんな感じだ。

もう少し余裕が出来たら、改めてチェーンソーを持って伐り出しに来たいと思う。

 

その後、少しずつ山の立ち木を伐採したり、立ち枯れしているものを倒したりして、山の整備をしてみたい。

もちろん、ドがつく素人なので、一つずつ勉強していくつもりだ。

薪ストーブ始生代37 茶畑山で薪仕事③~山への通路を整備する

先日、茶畑山の核心部へと至る道の杉の倒木を撤去して、とりあえずの通路を確保した。

 

しかしながら、その道にはいまだ大量の杉や桧の枝が落ちている。

それらを全て取り除いて、車ですっきりアクセスできるようにしてしまうのが、今回の目標だ。

 

フィスカースのハンドハチェット(つまり片手斧)X7を片手に、歩いて山まで向かった。

そして通路に落ちている枝から葉を払い、奥のスペースにどんどん積み上げていった。

f:id:akagestoves:20171109191847j:image
さらにどんどん積んでいく。
f:id:akagestoves:20171108180501j:image

これらの細い枝は、後でまとめてチェーンソーでゴンタ切りして、乾燥させて来年の焚き付けとして使うことにしよう。

 

反対側にくぬぎの細枝も倒れている。

細枝と言っても太いところで直径は5㎝以上ある。
f:id:akagestoves:20171109191832j:image

これはフィスカースで解体する。

こんな感じにまとめる。

f:id:akagestoves:20171109192020j:image

これも、後でゴンタ切りだ。

 

針葉樹の杉と広葉樹のくぬぎ、全部まとめるとこんな感じになった。
f:id:akagestoves:20171109192129j:image

 焚き付けがたくさんできたぞ。

そしてフィスカースのX7、大活躍だ。
f:id:akagestoves:20171109192214j:image

 

これで、車が入れる一番奥のスペースまで通路がきちんと確保できた。

 

次回は、その山の核心部を紹介する。

<つづく>

薪ストーブ始生代36 茶畑山で薪仕事②~バームクーヘン杉を割る

先日のつづきだ。

 

木を切りに茶畑山に入っていったら、枝木が山への道を封鎖してしまっていたので、チェーンソー片手にそれを退治しに向かったところまでは書いた。

 

よくみると、通路を塞いでいたのは杉の木だった。台風で完全に横倒しになっている。

まずはこいつを撤去するしかない。

 

チェーンソーで道幅分をスパスパ切って、手前の方まで運び出す。

 

それで最初の倒木は片付いた。

 

それで奥まで行けるようになったかと思ったが、途中でもう一本、斜めに倒れた木があったので、それも車が通れるくらいまでの高さまで、チェーンソーで枝を払っておいた。

 

しかしまだ、細かい枝が大量に落ちていて、かなり邪魔だ。

 

とりあえず、撤去した杉の原木だけ、適当に玉切りして車に積み込み、家まで持って帰った。

f:id:akagestoves:20171109123954j:image

 

家に帰って、別に急いで割る必要もないのだが、すぐに全部薪割りする。

f:id:akagestoves:20171109124118j:image

バームクーヘンみたいな薪がたくさんできた(笑)。
f:id:akagestoves:20171108180408j:image

せっかくなので薪棚につんでおいた。

 

いや、バームクーヘン杉を割って遊んでいる場合ではなかった。

山の核心部に車でたどり着くためには、まだ枝を片付けたり、色々することがあるぞ。先は長い。

 

<まだまだつづく>

薪ストーブ始生代35 茶畑山の薪仕事①~道が枝木で封鎖されてるぢゃないか

我が家のある、山の中腹の集落。

昔から代々そこで暮らす村人?のみなさんは、どこの家もだいたい自分の山を持っている。

うちの家はここからここまで、うちはこの部分、という感じで、山の中に線引きがなされていて、それぞれの土地を管理しているようだ。

 

僕は、子供の頃からそこに育ったのだが、もともとは地元の人間ではない。親の代に引っ越してきたからだ。

だから、田畑や山を持っているわけではない。

 

もし、自分の山があれば、薪ストーブユーザーとしてはこれほど力強いことはない。

いつでも遠慮することなく、山から木を切り出してきて、薪にすればいいのだから。

しかし、それはさすがに望みすぎであろう、と思っていた。

田舎なので、原木を手に入れるチャンスはたくさんあるはずだし、そこを確実にものにして薪集めをしていこう、と。

 

それに、神社の隣の森に、台風で倒れた木がたくさんあるので、それを薪にするだけでもずいぶん助かるのだ。

 

ところが事態は急展開する。

当ブログ『薪ストーブクロニクル』は、ここにきて、予想もしなかった新しい局面を迎えることになるのだ。

 

なんと、お隣のおっちゃんが、薪を貪欲に欲しがる僕の欲望を見抜いてか、

「うちの山にある木を自由に伐って薪にしていいぞ」

という、およそ薪ストーブユーザーが聞いたら誰もが涎をたらすこと間違いなしの提案をしてくれたのだ。

しかも、そのおっちゃんの持っている山は、切り出す場所のすぐ近くまで軽トラでアクセスできる、という神がかった好条件の山なのだ。

近くに茶畑が広がっているので、便宜的にその山を「茶畑山」と名付けた。

 

茶畑山を見に行くと、針葉樹は少なく、様々な樹種の広葉樹が生えている。一番多いのはくぬぎの木だ。コナラと並んで、薪に最適の木だと専らの噂なので、思わず胸が高鳴る。

 

どれでも好きなものを伐って持っていったらいい、という。ただし、桜と山桜だけは、切らずに残しておいてほしい、とのことだった。

 

いくらなんでも条件が良すぎる。これだけ条件が良ければ、お金を払うこともやぶさかではないのだが、おっちゃんが言うには、お金はいらんけど身体がきつくなってきて草刈りが大変になってきたから手伝ってほしい、とのこと。

そんなことなら、お金はないけど時間はある今の生活にぴったりの申し出なので、ありがたく山に入らせてもらうことにする。

 

と、ここまでが少し前に山の下見に行ったときの話だ。

 

そのあと、木を見に行こう行こうと思っていると週末の度に雨が降ったり台風が来たり、なかなかその後の展開が始まらなかった。

 

そして、つい先日、ようやく週末が晴れたので、茶畑山の入り口まで行ってみると、台風で木が倒れ、折れた枝が山積し、木を切り出す場所までの道が完全に封鎖されていた。

f:id:akagestoves:20171108180057j:image
車で入ることは不可能だ。

 

仕方がない。

まずは通路を確保するところからスタートだ。

チェーンソーを片手に、おもむろに封鎖された山へとわけ入っていくのであった。

<つづく>

玉を割ったら中からおかしなものが出てきた

使用済みの椎茸のほだ木をもらったので、適当に割って使うつもりで、しばらく置いておいた。

そうしたら、なんとまだ菌が生きていたみたいで、椎茸が発生してきた。

f:id:akagestoves:20171109114952j:image

そんなこともあって、なかなか割れずに置くことになってしまった。

 

1ヶ月ほど放置していたのだが、最近時間ができたので、チェーンソーで玉切りをして、割り始めた。

玉切りで出た短めのものをよくみたら、なんかおかしなことになってした。

木の割れ目からなんかシメジみたいなものが生えているように見えるのだ。

f:id:akagestoves:20171107065910j:image

 

なんじゃこりゃ、と思って割ってみた。
f:id:akagestoves:20171107065926j:image

すると、なかに空洞があり、そこでシメジらしきキノコがすくすくと育っているではないか!
f:id:akagestoves:20171107065947j:image 

拡大するとこんな感じ。
f:id:akagestoves:20171107070047j:image

なんかちょっとグロいですね。

 

さすがに食べる気にはなれなかった。

薪ストーブ始生代34 原木を入手する~神社の薪③

神社の裏の森で倒木を貰うことになり、玉切りして、少しだけ持って帰ったところで陽が暮れた。

 

そして次の日。

 

奥さんと二人でせっせと家の駐車場まで運んできた。

f:id:akagestoves:20171107065737j:image

これは、まだ名前のわからない常緑樹の広葉樹。

名前が知りたい。

どんな割り味か、ひとつだけ割ってみたが、結構割りやすかったので安心だ。

 

そしてこっちは名前の判明した木。
f:id:akagestoves:20171107065750j:image

ヤブニッケイの玉(の半割り)だ。

直径は30㎝前後。

 

前日に運んだものが4玉、そしてまだ運んではいないけど、次の日に玉切りして森に放置してきたものが3玉。1玉が30kg近くありそうなので、合計7玉で200kgぐらいにはなる。

まあ、一冬で焚く量を考えるとまだまだショボいが、それでも大きな収穫だ。

 

うまくチェーンソーが使えれば、もっと切り出してこられそうだ。

 

そして、神社の裏の森には、まだまだ無数の(といっても差し支えなさそうなほどの)檜(ひのき)の木が倒れている。

 

秋の遊び焚きで針葉樹の重要性、というか有用性が分かったので、ひのきもある程度確保したい。

 

ひたすら、時間がない。