薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

ブログは3年目に突入

2年前、このブログを始めた頃はまだ家に薪ストーブがなくて、それどころか今暮らしている家にさえ住んでいなくて、公団住宅で薪ストーブについての妄想を膨らませていた。しかし近いうちに導入の予定があったので、薪ストーブについてリサーチをしたり、薪集めに奔走していた。

初めて投稿した記事がこれだ。

はじめまして - 薪ストーブクロニクル

 

薪ストーブの設置されたモデルハウスやログハウスを見て回っては、家そのものより薪ストーブを観察し続けた。

 

狂気の薪集めは、乾燥しすぎた原木ばかり拾ったり貰ったりして、斧でなかなか割れず、楔を叩きすぎて肩を壊したり、まあ、樹種と状態を問わずとにかく燃やせるものであればなんだってよかったので必死こいて薪をかき集めていたものだ。とにかく、薪棚をいっぱいにしようという一心で・・・。

 

それから2年。

 

薪集めのルートもきっちり確保し、すっかり慣れてきたつもりだ。

何といっても、最近の一番の変化は、良い樹種でなければ持って帰ろうとしない、薪の選り好みを始めた点だ。

 

ああ、なんてこった。完全に堕落してしまった(笑)。

 

2年前、清き心で貪欲に薪を集めていた頃は考えられない堕落っぷりだ。

 

家の土場には、まだ割られていない樫とコナラばかりが積み上げられている。f:id:akagestoves:20190209071512j:image

しかも、実際にはまだどちらの薪(樫もコナラ)もまともに焚いたことさえないぺーぺーなのだ。

f:id:akagestoves:20190209071542j:image

なんとも情けない話だ。

 

しかし今日も猫たちは火がつくなり、薪ストーブの前で思い思い寛いでいる。
f:id:akagestoves:20190209071152j:image

 

とにかく家族の協力もあって毎日暖かく過ごしている。

昨日はうちの奥さんが薪ストーブの周辺環境を整えてくれた。f:id:akagestoves:20190209071808j:image

大割り、中割り、長めの小割り、短めの小割り、樹皮、割り箸、木っ端、といった具合だ。

 

3年目に突入したこのブログ。

更新頻度も堕落しっぱなしだが、

 

「まあ、まだまだ続くやろ」
f:id:akagestoves:20190209072246j:image

と、うちの子も言っておられます。

 

ぼちぼちよろしく。

薪ストーブ原生代36 味噌作り

もうブログを廃業したかと思われた方もおられただろうか(笑)。

久しぶりの更新だ。


f:id:akagestoves:20190205075335j:image
夜の薪棚を撮影したり、コナラをガツガツ拾ってきたり、色々薪ストーブネタを集めていたのだが、どうも一つの記事にまとめるほどのものでもない気がして、だらだらしているうちに更新できず、時間だけが過ぎてしもた。

 

さて、気を取り直して・・・。

 

 

2月は味噌作りの季節だ。

 

薪ストーブがあれば、味噌作りもずいぶん助かる。

きちんと予定をしておけば、前日からしっかり吸水させた大豆を、天板でコトコト煮て柔らかくして、重石や道具の煮沸もストーブでお湯を沸かしておけるので経済的。

何かと役に立つ。

 

しかし・・・

 

何ということか、季節外れの暖かい1日だった昨日は、朝からなんとなくポカポカしていて、2月だというのに薪ストーブがいらないような陽気だった。

そのうえ、急に決まった休みだったので、大豆を水に浸けることもしていない。

 

まあ、とりあえず味噌でも作るかー、と急に決まった味噌作りだったので仕方ない。

結果的に、薪ストーブが着いていないことで、逆説的に味噌作りにおける薪ストーブの重要性を思い知った1日となったのでした(笑)。

 

今年は2単位(大豆2キロ)の味噌を作る。

でも、一気に作ると疲れるので、今回はとりあえず1単位だけ作ることにした。

豆を煮るのは圧力鍋を2挺使いで一気に。だから薪ストーブの天板がなくてもすぐに煮ることができた。

しかし、大量の重石用の石などの煮沸に使うお湯をどんどん沸かさないといけないのに、そのためにガス火を使うのがかなり癪だった(笑)。ああ、薪ストーブさえあれば・・・。

 

結局、さほど寒くないのに薪ストーブを焚くことになった。これは本当に経済的なのか(笑)。

 

重石用の石を煮沸。
f:id:akagestoves:20190205080453j:image

煮沸。
f:id:akagestoves:20190205080504j:image

 

で、煮た豆と麹と塩を合わせてカメに仕込んでいく。

塩分は基本的に10%だ。それより多いと塩辛い。

それより少ない減塩味噌にすると、酢酸発酵して、味噌がすっぱくなりやすい。

塩分は10%が理想なのだ。

 

さて、カメに仕込む作業は几帳面なうちの奥さんに任せた。僕は専ら撮影係り。
f:id:akagestoves:20190205080519j:image

味噌を仕込む。

そこにうわぶたとして庭に生えているバランを敷いていく。
f:id:akagestoves:20190205080530j:image

どんどん。
f:id:akagestoves:20190205080541j:image

どんどん。

柿の葉寿司みたいやな。
f:id:akagestoves:20190205080552j:image

そこに重石を乗せていく。

ストーンヘンジか?

f:id:akagestoves:20190205080614j:image

さらに重石を乗せる。
f:id:akagestoves:20190205080624j:image

どんどん。
f:id:akagestoves:20190205080634j:image

多ければ多いほどよいのだ。
f:id:akagestoves:20190205080644j:image

ほとんど、石しか見えなくなったところで、虫(ゴキブリも)などが入らないように布と紙で蓋をする。
f:id:akagestoves:20190205080657j:image

今年は樹木希林が蓋になった。

紐でしっかり口をとじる。

f:id:akagestoves:20190205080710j:image

これで完成。

 

ついでに、去年仕込んだ味噌を開けた。

ちょっと甘みが強いが、若くていい味の味噌になった。
f:id:akagestoves:20190205080719j:image

味噌汁にして味わった。

また来年の味噌かめのご開帳が楽しみだ。

 

おいしくなーれ!

薪ストーブ原生代35 直径20㎝の半割り?そんなのが入るか?

これは我が家の室内薪置き場。
f:id:akagestoves:20190116181505j:image

乾燥に次ぐ乾燥の末、ようやくたどり着いた、薪の最終的な身の置場所だ。

ここから先は、もう燃えさかる炉内しか行き場がない。

薪たちの最後の晴れ舞台を前にした、楽屋のようなものだ。

 

さて、先程の画像をよく見ると、ひとりだけ縮尺がおかしいんでないの?というような半割りの薪がある。

 

これだ。
f:id:akagestoves:20190116180428j:image

おいおい、いくら乾燥してるかしらないけど、こいつはちと、でかすぎるんでないかい。

しかし今夜は、このブツを薪ストーブにぶちこもうっていう趣向だ。
f:id:akagestoves:20190116180304j:image

直径は20㎝。

完全に手のひら大のそのブツだが、実は見かけ倒しだったりする。

でかいのは頭だけなのだ。
f:id:akagestoves:20190116181354j:image

まあそれでもなかなかでかい。

 

一歳半の猫と比べても遜色ないそのでかさ。
f:id:akagestoves:20190116181404j:image

充分に温まった炉内を準備して、
f:id:akagestoves:20190116181419j:image

ぶちこむ!
f:id:akagestoves:20190116181430j:image

いやー黒々とした龍が炎の中を駆け巡っているかのようですな。

圧倒的な迫力じゃ。


f:id:akagestoves:20190116182309j:image

全体に火が回り、薪ストーブは何事もなかったかのように、部屋を温めるのでした。

 

そしてたった一本薪を取っただけで、薪棚の嵩が一気に減ってしまったのでした。

 

びふぉー
f:id:akagestoves:20190116183217j:image

あふた

f:id:akagestoves:20190116183257j:image

 

 

薪ストーブ原生代34 天板は大忙し

冬は天板の上が大忙しだ。

お湯を湧かしたり、調理をしたり…

 

先日は晩ごはんの熱調理を全て薪ストーブに任せた。

天板の上はこんなことになる。

f:id:akagestoves:20190112181316j:image

なんと、土鍋が2つも乗っとるじゃないか(笑)。

 

中身が気になるね。開けてみよう。

 

はい、オープン!
f:id:akagestoves:20190112181327j:image

今日の晩ごはんは、雑穀入りご飯と味噌汁、そしてメインは白菜と豚バラのミルフィーユ鍋だ。

ご飯は、天板で炊飯したではなく、冷やご飯を土鍋で蒸して温めているのだ。まあつまり電子レンジの代わりだ。

そして味噌汁は煮立ってしまうので、保温ぐらいの温めかたで。

鍋は後で強火にする予定。

あとはサラダと漬け物。

今日の晩ごはん、ガスも電気も全く使わずに完成だ。

 

天板だけでなく、ストーブの前では猫たちがくつろぐ。

f:id:akagestoves:20190112181524j:image

しかし、サビネコのごっすんは、薪が大好きなので時々薪棚の上で薪になっている(笑)。
f:id:akagestoves:20190112181540j:image

眺めがよろしいようで。
f:id:akagestoves:20190112181552j:image

 

そんなわけで、今日も我が家の薪ストーブは大忙しなのでした。

薪ストーブ原生代33 柿を焚く

最近、少し柿の木を焚きはじめた。

 

柿の木は、うちの奥さんの実家に生えていて、邪魔になったので伐って欲しいという依頼があったため、伐採して薪にしたものだ。

 

以下にその時の記事のリンクを貼っておく。

薪ストーブ始生代⑧柿の木を伐採する - 薪ストーブクロニクル

薪ストーブ始生代⑨柿の木を割ってみる - 薪ストーブクロニクル

薪ストーブ始生代30 柿の木の薪がカビた - 薪ストーブクロニクル

2017年のことになるようだ。

月日がたつのは恐ろしく早いな。

 

まさに

Light fries like an arrow.

光の蝿は矢を好む、だ。

 

冗談はさておき、カビたはずの柿の薪だったが、意外と状態の良いものもあった。

のか、放置しておいたら、カビが気にならなくなったのか。
f:id:akagestoves:20190109122542j:image

いかに柿の薪。

柿独特の鮫肌がクールだ。

 

さあ早速焚いてみよう。

きちんと巡航運転になった炉内に。

f:id:akagestoves:20190109122557j:image

柿の薪をぶちこむ。
f:id:akagestoves:20190109122607j:image

水分大量の生木状態で伐った柿の木だったが、1年4ヵ月でしっかり乾燥したようだ。

 

すぐに火が回り、燃え始める。
f:id:akagestoves:20190109122643j:image

含水率が高くて、炉内の温度を下げることもなく、しっかり燃えた。

 

まあ、この柿の薪は、せいぜい3日分ぐらいしかないはずだが、ぼちぼち他の薪に混ぜて焚いていこう。

特に今メインで焚いているくぬぎのボケ薪は、あちこちにボロボロこぼれて、汚いったらない。きれい好きの奥さんに怒られる(涙)。

たまにはキレイな薪が焚きたくなるのだ(笑)。

薪ストーブ原生代32 一本の樫の木からできる薪

11月に、倒れていた樫の木の処理を頼まれた。胸高直径30㎝強、根本は40㎝を超えていたので、根切りするときも14インチ(35㎝)のバーでは全然届かなかった。

樫としては、なかなかの大きさのものだそうだ。

 

さて、その樫を運べる大きさに切って、3日に分けてトラックで自宅の土場まで運んだ。

 

少しずつ玉切り、薪割りを繰り返して、とうとう大晦日の割り納めと元旦の初割りで全て割り終えた。

 

この通り、玉を並べていた場所は空になった。

f:id:akagestoves:20190101132305j:image

 

ここは3日前までこんな様子だった。
f:id:akagestoves:20190101132935j:image

 

いやー、まだ別の所から貰ってきた樫が残っているから、薪割り自体はまだまだする必要があるが、とにかく樫の木を一本、まるごと薪にすることができたので、その報告をしてみたい。

 

題して

「一本の樫の木が全部薪になるまで」

 樫の倒木。これを全て薪にする。
f:id:akagestoves:20190101134213j:image

まずは、枝葉を落とす。

 

すると木の全貌が現れる。
f:id:akagestoves:20190101134338j:image

太めの枝を落としたら、幹を両断する。

 

 外れた幹の上部は、鉄柵にひっかかった。
f:id:akagestoves:20190101134500j:image

その後、枝を適度な大きさに切り分けて、最後に根切りする。

f:id:akagestoves:20190107091748j:image

 

軽トラで3杯分。3日に分けて運んだ。

 

1日目。
f:id:akagestoves:20190107091852j:image

 

2日目。
f:id:akagestoves:20190107091940j:image

 

3日目。
f:id:akagestoves:20190107092014j:image

 

さてこれらの樫の原木や玉を、今度は土場に並べて割っていく。

f:id:akagestoves:20190107092113j:image

f:id:akagestoves:20190107092138j:image

f:id:akagestoves:20190107092254j:image

 

割れたものから、樫薪専用の薪置き場に並べていく。

ここが樫の木専用薪置き場

f:id:akagestoves:20190107092337j:image 

さて割っていくかー。

だけど・・・。

割っている写真を一切撮ってない。

 

完全に「薪ストーブブログあるある」だ(笑)。

 

結果発表

最終的にこれだけになった。
f:id:akagestoves:20190107092448j:image

丸々一本の樫の木としては、意外と少なく感じる。

斜めから見ると、こう。
f:id:akagestoves:20190107092542j:image

こんなもんだ

 

割るほど太くない枝薪は別で置いた。
f:id:akagestoves:20190107092650j:image

乾燥に必要な年月が、普通に割ったものと違いすぎるからだ。

 

もちろん、斧では割れないドンコロもある。
f:id:akagestoves:20190107092815j:image

f:id:akagestoves:20190107113756j:image

そういうのはとりあえず放置だ。

まるごと一本貰ってくると、素直じゃないやつもいるものだ。

 

これで全部。樫の木まるごと一本。

 

残った樫の玉もあるが、それらは別の場所で貰ったものだ。

 

こいつらを焚くのは2021年ごろの予定だ。

大晦日恒例?今年の自選記事ベスト5

晦日

f:id:akagestoves:20181231145121j:image

平成30年も終わりだ。

 

来年は元号が変わるらしい。

 

平成の世は、日本史、世界史、人類史的には態度保留と思考停止の30年だった気がする。

この30年で何か次の世代に希望が持てる前進があっただろうか?

真綿で首を絞められるように、じわじわと絶望が広がるのを延々と指をくわえて見ているだけ。

そんな30年ではなかった、とは誰も言えまい。

f:id:akagestoves:20181231145227j:image

 

もちろん、もっと酷い事が起きてもおかしくなかったのだから、一応ちゃんと地球が回っていることをありがたいと思うべきだろう。

 

それでも、新しい元号の世の中が艱難辛苦にまみれた苦難の時代になることは、容易に予想できてしまう。

 

いま、この時も僕たちは思考停止を決め込んでいる。

さて、何が起きるだろう?

水面下ではすでに様々なことが起きているのだろう。

その得たいの知れない何かが表面に現れてくるのは、いつだろう?そいつはどんな顔をしているだろう?

 

アベ?

 

トランプ?

 

シュウキンペイ?

 

プーチン

 

それとも超巨大台風か?

 

政治には期待しないが、一応まだ民主主義国家に暮らしいている以上、選挙による意思表示は許されているわけだから、投票はしよう。

f:id:akagestoves:20181231145330j:image

しかし、行動という意味では、話が全く別。自分が動くしかないのだ。

 

さぁて、年の瀬のぼやきはおしまい。

本題に戻ろう。

 

今年も薪ストーブ関連の色んな出来事があった。

自選で恐縮だが、今年書いた記事のなかで印象に残っているものをベスト5にしてみた。

 

 第5位三国志関連のネタ」

今年は三国志関連のネタを絡めた記事がいくつかあった。

 

薪の樹種を三国志の武将に例えた「薪ストーブ原生代26 コナラ病 - 薪ストーブクロニクル」。

軽トラメーカーの覇権争いを三国志に投影した「 軽トラ三国志~薪ストーバーも注目?軽トラ覇権争い - 薪ストーブクロニクル」。

完全に自己満足記事だ。

しかし、こういうのは書いていて楽しい。

 

第4位「軽トラを手にいれる」

 薪ストーブ始生代108 軽トラを入手する - 薪ストーブクロニクル

今年の五月に念願の軽トラを手に入れた。

薪集めだけでなく、様々な局面で活躍してくれている軽トラ。

軽トラに乗って、窓を全開にして走れば、世界が少しだけ躍動感を増したように感じられる。心が軽くなったように思う。

気のせいじゃないぜ。

 

第3位「めずらしく真面目に書いた記事」

薪ストーブにおける、祈りと不便益 - 薪ストーブクロニクル

 薪ストーブとの心の交流がスピリチュアルな領域まで達したことを感じさせる、荘厳で妄想的要素が満載になった、現代文明批判の決定版。要するに「ぼやき」だ。

いつの間にこんな記事を書いていたんだ?

自分でも思い出せない。

 

第2位「樫、樫、樫」

去年まで全く持っていなかった樫。

今シーズンが始まってから、突然身の回りに溢れ始めた。薪ストーブ原生代30 あれも樫、これも樫、たぶん樫、きっと樫 - 薪ストーブクロニクル

それも、秋頃に樫の倒木を処理してからだ

 薪ストーブ原生代⑲ 樫の木との格闘~Round-1~ - 薪ストーブクロニクル

 薪ストーブ原生代⑳ 樫の木との格闘~Round-2~ - 薪ストーブクロニクル

 薪ストーブ原生代23 樫の木との格闘~Round-3~ - 薪ストーブクロニクル

少しチェーンソーがうまくなったかな、と思ったりした。

 

第1位「ブログ一周年」

今年の2月にブログが一周年を迎えた。

一周年を迎えるまで、記事は毎日更新していたので、結構大変だった。

ブログを書いて1年が経った - 薪ストーブクロニクル

例によって、やや感傷的な文章で気取って書いている(笑)。

一周年を迎えてしばらくして、ちょっとしたサプライズがあった。

「春夏秋は冬を待つ季節」で有名な薪ストーブ界の重鎮、かわはらさんに当ブログのことを紹介してもらったのだ。

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2) 偶然、私が登場しているブログを見つけた

その日、突然うちのブログが驚異的なアクセス数を記録し始めた。本当にその日だけが突出して多かったのだ。

原因が分からず、色々調べてみたら、なんとかわはらさんのブログに、うちのブログのリンクが貼られてるじゃないか!

 

いやーびっくらこいた。

 

さて、来年はどんな年になるだろうか?

 

ちなみに去年の大晦日はこんな記事を書いていた。

 大晦日・2017年自薦傑作記事ベスト10 - 薪ストーブクロニクル

 

さて。

 

あと八時間と少しで年が明ける。

 

今年も一年間ご愛読ありがとうございました。

来年もたくさん薪が焚けますように!