薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ始生代114 くぬぎの玉をおかわり!

ペルー代表の敗北にやや落ち込みながらも、不安だらけで観戦した日本代表の初戦は、大方の予想を覆して勝利をおさめた。いくつかのラッキーに恵まれたとはいえ、結果的に勝ちきったことは素晴らしいと思う。

前回大会で数的優位に立ちながらも勝ちきれなかったギリシャ戦が脳裡をよぎっていたので、なおさらだ。

まあ、日本の勝利のことはあちこちで書かれているだろうから、ここでいちいち書くこともないだろう。

 

本題に戻って。

 

薪割りの話だ。

 

割りにくくて仕方なかったコナラの玉を全て割り終えて、ホッと一息‥、つく暇もなくくぬぎをおかわりだ。

 

いま頻繁に割っているくぬぎは、素直な繊維で割りやすく、薪割りが楽しい。家の土場にあったくぬぎを割り終わり、一苦労したコナラも割り終えたので、茶畑山に軽トラのドミーを乗り入れて、くぬぎのおかわりをしにいく。
f:id:akagestoves:20180611112901j:image

ここにあるくぬぎの玉については、以下のような経緯で置かれている。

薪ストーブ始生代65 茶畑山での作業も大詰め③~最後の大物、斜面の長尺ものを玉切り&積む - 薪ストーブクロニクル

 

去年の11月頃に倒木処理したくぬぎのうち、一番奥にあったものは、茶畑山に置き去りにしていたのだ。

ざらしになっていたはずなのだが、適度に森の木の枝が天を覆っていたからなのか、あまり汚なくならず、素敵な見目のまま同じ場所にいらっしゃった(笑)。

 

ただし、この場所に来るまでに、雑草がボーボーに生えていたので、刈り払い機で道を作るために刈り進めながら、この玉置き場までたどり着いたのだ。
f:id:akagestoves:20180611112912j:image

一気に全ての玉を積み込んで、
f:id:akagestoves:20180611112925j:image

ちょっと重量オーバーか?

まあ、大丈夫だろう。

 

家の土場に運び込む。
f:id:akagestoves:20180611112936j:image

 なかなかの量だ。

 

その後、さらに別の場所から、雨ざらしでほっておけないくぬぎ玉をさらに一山持ってきた。現状はこんな感じの量になっている。
f:id:akagestoves:20180611161629j:image

割るべきくぬぎがこれだけあれば、「毎日斧でコツコツ」派の僕としては、2ヶ月コース。お盆前までかかりそうだ。まあ、ぼちぼち割るさ。

 

しかし、読者の中には、このブログ、去年の秋ごろからやけにたくさん、ほとんど無限にくぬぎの玉が出てくるなぁと思っておられる方もおられるかもしれない。

実際、倒木処理で貰えたくぬぎが5トンぐらいはあったんじゃないかと思う。

しかしさすがにこれで最後のおかわりだ。これ以上は欲しくてもない。もうおしまい。

 

割りにくくなったり、ボケてきたりするのであまり長い間玉の状態で放ってもおけないので、なるべく早く割り終えて、次の原木がもらえる日に備えたい(貰う気まんまんだ)。

ワールドカップ特別企画、くじけるなペルー

ワールドカップ。

 

まさかの初戦でのつまずきだ。

 

いや、日本代表の話ではなくて、ペルー代表の話だけど。

36年ぶり(つまり9大会ぶりか)に夢の大舞台に挑む南米ペルー代表。

 しかし、ヨーロッパの中堅国デンマークにまさかの敗北を喫した。

かなり不利な状況にはなってしまったが、今後の展開はまだ分からない。

 

がんばれペルー。

 

くじけるな、ペルー代表!

ワールドカップ特別企画!がんばれペルー

ワールドカップロシア大会が開幕した。

 

サッカーのネタについて、時々書いてきている。

サッカーの話 カテゴリーの記事一覧 - 薪ストーブクロニクル

 

日本代表のことは、ありとあらゆるメディアで書かれているので、この場では最低限の言及にとどめる。

というか、初戦のコロンビア戦、恐怖しかない(笑)。応援するというより、祈るだけだ。

 

僕が予選から注目し、プレーオフの末、出場権を獲得したチームがある。南米のペルー代表だ。

 

ペルーはグループCだ。

同じグループには、優勝候補のフランス、そして欧州の中堅国デンマークと日本のライバルオーストラリアがいる。

先に試合があったフランス対オーストラリアはフランスが先勝した。

つまり、フランスが頭ひとつ抜けたわけだ。

そんななか、ペルーが2位を争うと予想されるデンマークとの直接対決が今晩いきなり行われる。

 

いきなりめっちゃ重要な試合やんけ。

 

ここで勝てば大きい。

逆に負ければいきなりピンチだ。

前回大会で日本がコートジボアール(「金の海岸」と言う意味の国だ)に負けて、いきなりピンチに陥ったのと同じ局面になってしまう。

 

さてどうなることやら。

ドキドキしつつ、吉報を待とう。

薪ストーブ始生代113 コナラの玉を退治した

とある現場でコナラの倒木を処理する時に出た原木を貰えることになった。

で、40センチに玉切りしたものを家の駐車場の土場まで運び込んだ。
f:id:akagestoves:20180611112751j:image
40玉弱だ。
f:id:akagestoves:20180611085339j:image

なかなか迫力がある。

 

まとまった数のコナラの原木を貰うのは人生初だったので、ちょっとテンションがあがった。なんといっても、コナラは薪の王様と言われているのだから。

 

で、コナラの薪割りが始まった。

 

しかし、コナラがそもそもそういうものなのか、それとも貰った原木が固くなっていたからなのか、とにかくこのコナラは割るのに大変難儀した。

 

たいした節は無さそうなのに、悲しくなるほど割りづらく、フィスカースのハンマー斧でさえ歯が立たず、やむなく楔を持ち出したりして、半ば意地になって割りまくった。

f:id:akagestoves:20180611085405j:image

仕事帰り、家の駐車場に車を停めて、部屋にはいる前に毎日一玉、二玉、とコツコツ割っていって、徐々に徐々に玉を減らしていった。

 

そして先日遂に、すべてのコナラの玉を薪に割り終えた。
f:id:akagestoves:20180611085414j:image

最近は小割りブーム、というか、燃焼効率を考えれば小割りがいいらしい、という情報を得て、なるべく細かく割ることを心がけていたので、余計に苦労したが、苦労した甲斐あって、なかなか素敵なコナラの薪になった。

 

今年の冬に焚くのはやや早すぎるだろうから、1年半ほど乾燥させて、来シーズン以降に使うことにしよう。

 

しかし、コナラって本当はどうなんだろうか。こんなに割りにくいのか、それとも、本当はバックリ気持ちよく割れるものなんだけど、僕が貰ったこのコナラに難があっただけなのか? 次にコナラを手に入れたときは、再び割り味を吟味してみたい。

ともかく、あの割りにくいコナラが終わって、ホッとしている(笑)。

梅仕事2018

今年も梅仕事の季節がやってきた。
f:id:akagestoves:20180611085457j:image

梅干し用に小梅を一キロと、親戚から分けてもらった巨梅が二キロ強。

あとは自宅で初めて収穫した小梅が63g(笑)。

 

それぞれを梅干しや梅シロップに加工していく。

 

梅干し用の梅はザルの上で黄色く完熟するまで追熟させている。そして、もらった巨梅(という品種があるわけではないよ。単にものすごーく大きい梅という意味です、念のため)の中で大きすぎるものや、傷や傷みのあるものは、分けておいて梅シロップ用に冷凍しておいた。

 

梅仕事、といっても、はじめにやることは単純だ。

まず梅干しはよく洗ってヘタをとり、水気をとって塩と交互にビンやカメに入れるだけ。
f:id:akagestoves:20180611085507j:image

今年は二種類の塩を使ってみた。ベトナムの話題の塩、カンホアの塩と、かま焚きした小笠原の塩だ。美味しく漬かるといいのだけど。

ちなみに塩分濃度は今年も20%だ。減塩にすると失敗しやすいし、夏場によく食べる梅干しは、大量の汗をかく季節なので減塩にする必要はあまり感じない。

 

さて、次に梅シロップだ。
f:id:akagestoves:20180611085531j:image
右が巨梅の傷みのあったもの。

左の小さなビンが、自宅で初めて収穫した63gの小梅を小瓶に漬けたものだ。こんな少量で作るのは初めてなので、うまくいくのかどうか(笑)。

 

とにかくも完成が楽しみだ。

薪ストーブ始生代112 チェーンソーのバーを交換する


少し前の記事で、チェーンソーのバーが曲がっているという話を書いた。

薪ストーブ始生代111 倒木処理の依頼が来た。そしてチェーンソーのバーの曲がりについて - 薪ストーブクロニクル

 

僕が使っているチェーンソーは、シングウのSVK346という機種だ。このチェーンソーを使い出した経緯については以下の記事に詳しい。

薪ストーブ前史33 雨の降る週末はチェーンソーの目立て - 薪ストーブクロニクル

 

チェーンソーのバーは、薪のための玉切り専用で使うなら、基本的には木の間に挟まれて(俗に言う喰われる、というやつ)チェーンソーが抜けなくなる、という事態は起きにくい。というか、ほぼ起きない。つまりバーが曲がることはおそらくない。

 

しかし、針葉樹だろうと細めの雑木だろうと、立ち木やかかり木を切るときは、喰われるときは簡単に喰われてしまう。

そして、それを無理に引き抜こうとチェーンソーをこねていると、割合簡単にバーは曲がる。

曲がると、玉切りがまっすぐ出来ない。

薪作りの時に玉の断面が斜めになっていると、とても割りにくい。

だからバーは交換しないとダメですね。

 

というわけで、バーを交換だ。

チェーンソーというのはバーの溝を、カッターのついたチェーンが回って木を切るという構造だ。

f:id:akagestoves:20180611071429j:image
上の初代のバーは2017年1月からの使用なので1年半で交換することになってしまった。今度はもっと大切に使おう。
f:id:akagestoves:20180611071446j:image
さて、これが新しいバーだ。

どんなものでも合うのかと思いきや、チェーンソーの型番にあったものでないといかんらしい。そして、だいたい在庫がないので、メーカーからの取り寄せになってしまう。

小型のチェーンソーのバーなら3000円程度、16インチ(40cm)を超えるものや、海外メーカーのものなどは一万円を超えるものもあるらしい。

 

さて、おニューのバー。
f:id:akagestoves:20180611071504j:image

さすがにSINGUの文字がきれいだ。チェーンソーのバーにくっきり読めるように文字が書かれているのには、実は大事な理由があるんだけど、なんだと思いますか?正解はこのブログの最後に発表します(笑)。

 

このバーは「スプロケットバー」と呼ばれるタイプのバーだ。

f:id:akagestoves:20180611071522j:image

バーの先っちょに回転軸(スプロケット)がついている。その回転軸にチェーンを乗せて円滑に回るようにしているらしい。

で、このスプロケットバーは、チェーンをスプロケットが円滑に回してくれるので、チェーンを張り気味にセッティングしても大丈夫だ。

もうひとつの「ハードバー」と呼ばれるタイプのバーは、すこしチェーンを緩めにセッティングした方がよいみたいだ。ハードバーを実際に使っている人の感想では、ハードバーに代えたらチェーンが全然外れなくなったらしい。メーカーにもよるのだろうが、一般的にハードバーの方が高価だ。構造が複雑なスプロケットバーより単純そうなハードバーの方が高い理由は、ハードバーは耐久性の強い金属(合金か)をバーの全体に使って先端部の強度を高めているからだそうだ。

もしバーを交換することがあれば、ちょっと留意してみてはいかがだろうか。

 

さて、バーを実際に交換していく。
f:id:akagestoves:20180611071541j:image

バーやチェーンを外すこと自体は、まあはっきり言って日常的なメンテナンスなので、なんということもない。

付属のレンチでクラッチカバーを外して、

f:id:akagestoves:20180611071558j:image

うわ、汚いですね(笑)。

チェーンソーを持った状態で右側のカバーは使ったら毎日外してメンテナンスする、というのが基本だ。

f:id:akagestoves:20180611071626j:image

こんな風に、一日使っただけでも木屑がチェーンオイルと混じってベタベタ付着するので、使い古しの歯ブラシなどでゴシゴシ汚れをおとしていく。

 

さて、これが新旧のバー。

f:id:akagestoves:20180611071646j:image

全く同じものだ。

 

バーを着けて、チェーンを装着して、カバーをはめて。
f:id:akagestoves:20180611071756j:image

 完成だ。

おお、バーを換えると新品みたいぢゃないか。

これからは心を入れ換えて、木に喰われないように細心の注意を払って伐採をしないとダメだ。

※後日また記事にするかもしれないが、実はその数日後に針葉樹の倒木処理をしているときに、この交換したてバーが早速杉の木に喰われた(涙)。

幸いなことに、バーは曲がらなかったが、まだまだ修行がたりない。

 

クイズの答え

チェーンソーのバーにはどうしてはっきり文字なりメーカーロゴが入っているのでしょうか?

ヒントは下の2枚の画像です。

f:id:akagestoves:20180611071827j:image

f:id:akagestoves:20180611072223j:image

 

答え。

チェーンソーは、ほぼ同じ場所で木を切るので、バーの下部に負担がかかる。そのためバーを同じ向きで使い続けると、バーの下側だけが先にダメになってしまう。

バーを長持ちさせるには、時々上下を入れ換えてバーの文字が下向きになるようにして、上下まんべんなく使用した方がいいのだ。

チェーンソーのバーというのは上下の形が全くおなじなので、上下を入れ換えても全く問題ないのだ。

で、上と下、どちらを使っているかがすぐに分かるように、チェーンソーのバーにははっきりと文字やロゴが入っているのでした。

※偉そうに書いているけど、実はこの事実を知ったのは最近の話だ(笑)。

春から夏へ~2018年の畑仕事が本格化してきた

今年の春野菜がほぼ終わり、そろそろ夏野菜へと移行する時期になってきた。

今の時期の作業がきちんとできていると、夏に多くの収穫が望めるのだが、なかなかうまくできない。

まあ、それでもずぼらなりに作業を進めているので、6月に入った今現在の畑の様子を紹介することにする。

 

里芋

f:id:akagestoves:20180602151155j:image

今年の里芋は食糧庫に置いておいた食用の物がいい感じで芽を出し始めたので、ポットでキチンと苗作りした。

そして5月の半ばに定植。ここまで育ってきた。土を寄せたりする作業は必要だが、基本的にこのまま見守るつもりだ。

 

トウモロコシ
f:id:akagestoves:20180602151721j:image

トウモロコシは信頼のできる苗屋さんで苗を購入。一気にたくさん出来ても仕方がないので、今年も少しだけ(五つ)。はじめはひょろひょろだったが、すくすく成長。いまのところ心配無さそうだ。

 

モロヘイヤ、ツルムラサキ
f:id:akagestoves:20180602151927j:image

今年もネバネバの夏の葉物野菜を植えた。去年同様、三種類植えたかったのだが、どうしてもお店に空芯菜が見つからず、仕方なくモロヘイヤとツルムラサキだけ植えることにした。たくさん採れたら、茹でて冷凍しておけばいいので、どんどん育ってほしい。

つい先日、去年冷凍保存していた、備蓄のツルムラサキやモロヘイヤを全て消費し終えた。

 

キュウリ
f:id:akagestoves:20180602152210j:image

写真向かって右の2本(大きいもの)が、普通のサイズのキュウリだ。苗で購入。これはぬか漬けにしたいので、早く育ってほしい。

向かって左側、小さくてまだ分かりづらいが、ピクルスにできるような小さいキュウリを植えた。これは去年育てて種採りをしたものだ。一応うまく芽を出しているので、このまま順調に育つことを祈っている。

 

パクチー
f:id:akagestoves:20180602152455j:image

パクチーは、毎年勝手に生えてくる。こぼれ種だ。東南アジアの料理もよく作るので、パクチーが庭に勝手に生えてくる環境はありがたい。それにしてもなんつー生命力。

 

トマト、ゴーヤ
f:id:akagestoves:20180602153207j:image

トマトとゴーヤも苗で買って植えた。桃太郎と島サンゴという品種だ。ちょっと時期が遅れて安売りされていた苗なので(笑)、うまく育つかどうかはわからない。

f:id:akagestoves:20180602153215j:image

桃太郎は、種でも育てている。はっきり言って温度不足でまだあまり成長していない。食べられる日が来るのだろうか?

 

青ナス
f:id:akagestoves:20180602153434j:image

種から育てている青ナスは最近の暖かさで、意外にもすくすく育ってきた。

去年の夏からかなり鳴り物入りでブログにも書いてきた。

 青ナスの歴史~今までの歩み&ついに種取り完了 - 薪ストーブクロニクル

たったひとつの種採り用の実から採った種がすくすく育ち、頑張ってくれている。今年も絶品トロトロの青ナスの蒸し焼きが食べられるだろうか。

 

玉ねぎ
f:id:akagestoves:20180602153805j:image

収穫のときを迎えている野菜もある。まずはこの玉ねぎ。冬の間、全く育たず、もう消え去ったものと思われていた玉ねぎだが、雑草の間からその膨らみをのぞかせてくれている。あまり大きくはないが、瑞々しくて美味しい。

 

ジャガイモ

f:id:akagestoves:20180602154014j:image

今年植えたジャガイモは、インカのめざめとアンデスレッド。つまりペルー縛りだ(笑)。そういえば、もうすぐサッカーのワールドカップが開幕になるが、日本はもちろん応援するとして、僕としては俄然ペルー代表を応援している。

しかし、そのジャガイモ。なぜかインカのめざめだけがみるみるうちに虫に喰われて丸裸になってしまった。恐ろしくなって収穫してみると、ちゃんと芋になってた。
f:id:akagestoves:20180602154246j:image

あまり大きくないが、それはインカのめざめの特徴でもある。

すぐに素揚げにして食べたら、始めは「うん?」というぼんやりした味だったが、次第に箸が止まらなくなってきた。
f:id:akagestoves:20180602154321j:image

インカのめざめ、慈味深くてうまい。ビールも進んだ。

アンデスレッドはまだ時期尚早。なぜか虫にも襲われないので、しばらく様子を見る。

 

さて、こんな感じで春から夏への畑の様子を見てきた。

恐怖なのは、最近家の畑にカラスと猿が出るようになったことだ。これは昨今なかったことなので、食害で全滅、というオチもあるかもしれない。心しておこう。