読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

木村秋則さんの奇跡のリンゴが冬を越えた

無農薬栽培でリンゴを育てる、という不可能を可能にしたリンゴ農家、木村秋則さんのリンゴ。「奇跡のリンゴ」としてよく知られている。

去年、知り合いの方から「一度食べてみて」と1ついただいたのだが、そのリンゴの種を取っておいて、ベランダで蒔いてみた。

 

初めは9つも芽を出した。しかし、道半ばで枯れていったりして、4つが生き残った。

ヒョロヒョロのまま、背丈より高くなったところで冬が来て、葉っぱが全て落ちて、丸坊主になった。

そして、春が来た。

 

すると、思い出したかのように節々から芽吹き始めて、どんどん葉っぱが大きくなっていった。

f:id:akagestoves:20170425173751j:image


f:id:akagestoves:20170425174132j:image


f:id:akagestoves:20170425174223j:image

 

初めて食べた「奇跡のりんご」は、酸味がしっかりあって、野性味を感じた。

不可能と言われた無農薬栽培で育てられたりんごには、不思議な生命力が宿っているのだろうか。

それとも、このまま枯らせてしまうのだろうか?

 

とにかく、いつかリンゴが実るまで、大切に育ててみたい。