読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブクロニクル

食とエネルギーの自給を目指して

薪ストーブ前史25 薪ドミノ

極太乾燥玉を割りながら、ちょっと遊んでみた。

これはもらってきた玉の中でも最も直径のでかいものだ。心してかかることにした。

とりあえずど真ん中に全力で打ち込む。
f:id:akagestoves:20170320210604j:image

実に爽快。気持ちよく割れる薪割りは、本当に精神衛生上よいと思う。

 

さてその玉をまずこんな感じで
f:id:akagestoves:20170320210750j:image

四等分。

 

そしてさらに
f:id:akagestoves:20170320210815j:image

八等分。

 

さらにさらに
f:id:akagestoves:20170320210842j:image

十六等分。

 

あ、手がすべった‥

f:id:akagestoves:20170320210916j:image

並べた薪がドミノ倒しのように倒れていってしまった。こんな遊び方もできるんですね。

 

その後、精力的に割りまくり、この玉ひとつでこれだけ薪ができた。


f:id:akagestoves:20170320211036j:image

 

薪割りって楽しいですなぁ。